News

ノーリツ、入浴事故防止へ給湯器を新開発

メーカー名商品名
ノーリツエコジョーズ「GT−C2462シリーズ」

「みまもり」と「キレイ」の新機能

 ノーリツ(國井総一郎社長)は12月6日、神戸ハウジングデザインセンターで記者会見を行い、来年3月発売の新製品として高効率ガスふろ給湯器エコジョーズ「GT−C2462シリーズ」を発表した。3グレード展開のうち最上位のプレミアムでは、「みまもり」と「キレイ」の2つの独自機能を充実させた。本体は高級感あるメタリックカラー仕上げ。価格(税別)は38万2800円~46万2800円。
 「みまもり」機能は年間1万9000人と推計(厚生労働省調査)される入浴事故死の防止を見据えたもの。具体的には、(1)急激な温度差で血圧急上昇を招かないよう、設定温度マイナス2℃で湯をはり浴槽に入った後にゆるやかに追だきする「ゆるやか浴」機能、(2)浴槽内にいる時間を浴室リモコンの表示と音で知らせて長時間入浴を防ぐ「自動入浴タイマー機能」、(3)入浴状況を台所リモコン側に表示し、入浴事故の気づきの遅れ対策を促す「浴室モニター機能」―を備えた。浴室低温を知らせる機能については全シリーズに搭載している。
 また、給湯器本体に99.9%の除菌性能を実現した「UV除菌ユニット」を搭載。入室から一定時間が経過すると自動で浴槽内の湯を除菌するので、数人入った後でも湯がキレイ。熱洗浄配管クリーン機能も備え、翌日の洗濯にも安心して使える。
 国井総一郎社長は「久々に本業の温水事業から出す、他社に無い機能を備えた新製品。来年から2020年までの新中期経営計画『Vプラン20』の切り札として拡販を進める」と決意を示した。初年度はシリーズ合計で40万台の販売を目指す。