News

オークマ、重研削円筒研削盤に新4機種

メーカー名商品名
オークマ円筒研削盤「GA26W」「GP26W」

クラス最小のコンパクトマシン

9431

 オークマ(花木義麿社長)は、省スペースで操作性を高めた砥石台トラバース方式の円筒研削盤「GA26W」「GP26W」4機種を発売した。初年度は全4機種で200台の販売を計画しており、税抜価格はGA26W(心間650mm)が1840万円。先に発売したGA15W、GP15Wと併せて需要規模の大きい小型から中型までの自動車部品・量産部品に合わせたラインアップが完成した。
 GA26W、GP26Wは独自開発の非真円平軸受(動圧砥石軸)で重研削と高精度を両立。最大径φ610mmの大型砥石に対応し、回転精度0.01μm、支持剛性1トンを実現する。砥石トラバース構造により機械幅をクラス最小の2510mmにコンパクト化しており、量産加工現場のライン長短縮化ニーズに応える。ロボット・ローダー等による自動化システムも最小スペースで構築可能だ。
 ワーク長さと支持推力に合わせて心押し台をNC制御でき、多品種ワークにもフレキシブルに対応可能。マルチタッチ操作に対応した新CNC「OSP−P300GA」と対話型プログラム作成機能「I−GAP+」で、操作性を向上した。