News

DMG森精機、先端技術研究センターを設立

デジタル革命へ、人材を育成

 DMG森精機(森雅彦社長)は2017年1月1日、同社の東京グローバルヘッドクォータ(東京都江東区)内に先端技術研究センターを設立する。同センターではIoT、インダストリー4.0、人工知能ロボット、COP22による脱炭素などデジタル革命を主導する人材を集積。同社では「その時代に求められる顧客価値と社会的価値を創成し、顧客に提供する人材の育成の場として設立する。人・情報の多様なネットワークを形成し、個人の自己実現と企業の成長が相乗する、新しい働き方の試行の場でもある」という。
 同センターは、企業内大学院の意味合いも持つ。研究センター長には、元・東京大学工学系研究科・技術経営戦略学専攻教授の松島克守氏(東京大学名誉教授)が就任。東京大学・大学院の教育水準での研究指導により、先端技術の分野に卓越した高度専門技術社員を育成する。
 社内若手、社外専門家若干名でスタートし、人材獲得により増強予定。さらに、長期インターンシップの学生を積極的に受け入れることで、優秀な人材を発掘する。長期インターン参加者には、奨学金最高限度額まで支給する。