News

山善家庭機器、オリジナル家電総合商談会を開催

9476

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は、12月6日から4日間、大田区産業プラザで、山善オリジナル家電総合商談会を開催した。YAMAZENブランドと取り扱いメーカーの新商品を一堂に集め、家電量販店やホームセンターなどのバイヤー81社241人が来場した。
 夏物家電のメインとなる扇風機のコーナーでは、風の拡散を抑えて直進性が増す7枚羽のDCモーター扇などの新製品各種を披露。90度上向く扇風機で洗濯物を時短乾燥する提案コーナー、さらに生活家電のコーナーでは布団乾燥機の比較を実機とサーモグラフィを用いて行うなど、商談会の随所で機能差や特長がわかりやすい展示を行っていた。
 調理機コーナーでアピールを強めたのは静音設計の2口IH調理器だ。「左右2口とも強火力で人気が高い商品。ユーザーレビューに応え、新たに作動音を小さくできる調整スイッチを設けた」(家庭機器事業部)という。また、AVブランド「Qriom(キュリオム)」のコーナーでは、高齢者にも使いやすいボイスレコーダーを紹介。「録る・聴くの2つのボタンだけなので、誰でも簡単に使える。最大3件16時間まで録音できるので、大事な要件のメモやカラオケの練習など、シーン別にたっぷり録音できるのも特長」(同)とした。