News

C&Gシステムズ、金型向け2&3D融合型CAD/CAM

メーカー名商品名
C&GシステムズEXCESS−HYBRIDⅡ(エクセスハイブリッドツー)

直感的な操作を後押し設計・製図工数15%減に

9562

 C&Gシステムズ(塩田聖一社長)は、金型向けの2次元・3次元融合型CAD/CAMシステム「EXCESS−HYBRIDⅡ(エクセスハイブリッドツー)」の新バージョン「同V2.1」を2月1日にリリースする。
 EXCESS−HYBRIDⅡは、約30年・3000社を超える金型メーカーで利用されてきたと言う旧システムを約1年前、8年ぶり大幅刷新したEXCESSシリーズの最新モデル。2次元と3次元それぞれの利点を活かしたハイブリッド設計に特長があり、とりわけ「プレス金型の構想設計を強力支援する機能」を目玉にしていた。絞りプレス金型では「見込み変形」機能などでモデリングの手間をおよそ30%減らせると言う。
 新版はその特徴をさらに伸ばし、金型全体の設計・製図工数を従来比15%減らす。汎用コマンドの要所に金型設計を意図した直感的な操作を組み込むことで作業を効率化し、ユーザーの習熟度を効果的に向上させる。一例として穴断面図の生成を素早くできるだけでなく、配置した部品サイズに連動して穴の断面図を自動更新し設計集変更時の修正ミスを防ぐ、などの機能がある。同様、プレス曲げ工程を意図した3Dモデリングの変更機能、実用性の高い自由曲面変形機能、スプリングバックを考慮した見込み形状生成機能などもポイント。
 価格(税別)は60万円から(モジュール構成により異なる)。年間1000シートの販売目標。