News

山善、バリ取り自動化トータル提案

専門コンサルと協同、ロボ導入からオペ育成まで

9589

 山善(中田繞社長)は、人手不足が懸念される中小企業向けに、バリ取りの自動化をロボット導入からオペレーターの育成までトータルで提案する。
 バリとは、加工した際に材料の角やへりなどにできる出っ張りのことで、取り除くにはきめ細かい技術が求められる。単調な繰り返し作業ながら人手に頼る部分が多く、省人化のニーズが高まっている。しかしバリの大きさや発生する位置にばらつきがあるため、自動化はなかなか進んでいないのが現状だ。
 同社によると、「完全に自動化するには、高額な投資や広大な設置スペースだけでなく、優秀な技術者も必要なため、人材不足に悩む中小企業にとって困難な状況だった」という。
 今回の提案は仕上げ加工の省力化・省人化を目的としたもので、バリ取り専門のコンサルタントと協同で取り組む。コンサルタントが作業内容や加工材料などの現場状況を把握。問題点と原因を調査し、自動化できる工程を見つけ出すところから始める。
 山善は専門商社として培ってきたノウハウと調達能力を活かし、機械と先端工具を組み合わせた最適な手段を提案。ロボット導入だけでなく、検収条件の確認、システム設計、ロボット講習など、作業条件などの変更対応も自社でできるようロボットティーチングにいたるまで包括的にサポートする。
 「問題を洗い出し、どの工程を自動化すれば良いのか見極めることで、完全自動化ではなく、人間とロボットの得意な分野を活かしたバリ取りの省工程化を目指す」という。
 融合のメリットとして、投資が抑えられるうえに省スペースでの設置が可能になる点を挙げている。今後は金属加工に加えて、樹脂やゴムなどに幅広いターゲットを対象に、ものづくり現場の競争力強化に寄与する考えだ。