News

セールス・オンデマンド、ルンバに続き「ブラーバ」

メーカー名商品名
セールス・オンデマンド床拭きロボット「ブラーバ」

床拭きロボ、公式サイトで発売

961

 ルンバの次は床拭きブラーバです―。米・アイロボット社の日本総代理店セールス・オンデマンド(室崎肇社長)が、7月4日からアイロボットストア公式サイトで床拭きロボット「ブラーバ」の販売をはじめた。ブラーバ380jで税抜価格3万3000円。
 過去10年で国内150万台以上を販売し、掃除革命をもたらした「ルンバ」に続く第2弾の掃除ロボット。新商品は水ぶきと、から拭き両機能を持つ床ふきロボットで、ハードフロアの多い欧米では既に昨夏から順次販売をスタート、約30カ国で実績を上げていた。「日本の家も、床のフローリング化が進み、現在はフローリング率約7割。きれい好きの日本の家庭に大いに浸透させたい」(室崎社長)としている。
 丸いルンバと異なる四角形の外観。B5サイズを少し超える程度のコンパクト仕様にした。ベッドの下なども潜り込んで掃除できるよう高さは7.9センチに抑えている。
 操作は水拭き/から拭きのモードを選び、クロスを装着しボタンを押すだけ。新搭載の「ノーススター・ナビゲーションシステム」によりロボット自身で位置情報を把握しながら部屋中をくまなく移動し掃除する。吸引モーターなどはなく、運転音が静かで排気もゼロ。電気代は1時間約0.5円に過ぎない。
 水拭き用、から拭き用それぞれで専用クロスを用意しており、水拭き用のウエットクロス装着時はタンクに水を注入して使う。から拭き用クロスには、市販の使い捨て掃除シートも使える。
 稼動面積はウエットで約20畳広さ(ドライ約56畳)。普段の掃除では取りきれない皮脂汚れ、食べこぼしのあと、花粉、ハウスダストなども丁寧にふき取れるという。