News

台北に直営ホテル、三井不動産が20年開業へ

 三井不動産が初の海外ホテルとして、台北を選んだ。アッパーグレードの直営ホテルを開業するのは、2020年に開通するMRT(都市交通システム)板南線の忠孝新生駅から徒歩1分の場所。約1470平方mの敷地面積に、地上17階、地下5階を建設する高層ホテルで、客室数は300室を超えるという。年々増え続けている観光客やビジネス客向けで、今後は同ホテルを起点にホテル事業を拡大していく考えだそう。