News

オリックスR、レンタルロボの展示場開設

9705

 分析・IT機器レンタルや3Dプリントサービスを行うオリックス・レンテック(東京都品川区、TEL.03-3473-7574)は1月31日、東京・町田にある同社の東京技術センター内にロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設した。昨年4月にレンタルを始めた機種のほか、今後ラインナップ予定のロボットを含め9社製11機種を実演。複数メーカーの最新型次世代製品を常設するショールームは業界初という。
 併設するセミナー室を含めた203平方mに、人と共同作業ができる多関節タイプと会話できるサービス分野向けロボットなどを揃え、今後は介護・医療やインフラ・災害対策分野向けの製品も追加する予定。用意する6カ月お試しレンタルパックには同社のロボットエンジニアによるティーチングや電話サポートを含み、利用客は初期投資の負担やリスクを軽減できる。同社新規事業開発部の戸川英明部長は「先行して始めたABB社のYuMi(双腕ロボット)二十数台を含め50台弱が利用につながったことを受け、サービスの拡大を決めた。YuMi利用客のうち9割がレンタル継続か買い取りにつながった」と言う。
 5年後をめどに現在4人のエンジニアを十数人に増員し、利用3千台・売上150億円を目指す。ショールームは法人客向けに週4日、1日3組の予約制。神戸にある技術センターにも同様施設の設置を計画しているという。