News

ヤマザキマザック、米・ダラスにサポート拠点

9718

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は1月31日、全世界80カ所目となるサポート拠点を米国テキサス州ダラスにオープンした。
 「ダラステクニカルセンタ」の総延床面積は約750平方m。最新の工作機械を展示するショールームなどを備え、プログラミングトレーニング、加工実演、テストカットに対応する。同州北部地区は、航空機、自動車、医療、化学製品、半導体関連の企業が集積。近年、ビフォア・アフターサービスのニーズが高まっているという。
 そのほかに加工技術支援や設備合理化の相談なども展開。同社米国現地法人のダン・ヤンカ社長は、「生産技術、加工アプリケーションなどをすみやかに提案できる。顧客サポートを通じてマザックのプレゼンスをより高めていきたい」とコメントしている。