News

DMG森精機、AMとパウダーベット方式に参入

9830

 DMG森精機(森雅彦社長)は、セレクティブレーザメルティング(SLM)に高い技術力を持つ、独REALIZER社の株式を50・1%取得して子会社化し、アディティブマニュファクチャリング(AM)分野における技術革新をより一層推進する。SLMを用いたAM機「LASERTEC 30 SLM」を新たにラインアップとして拡充する。
 SLMは、材料粉末を一層ずつ敷き詰め、その後にレーザで照射して、任意の部分を溶融させる方式で、パウダーベッドフュージョン(PBF)とも呼ばれる。精密な造形が可能で、主に一体構造の製品や部品、一から製作する製品造形に適している。また、稼動軸が少なくシンプルな機械構造のため、省スペースな機械設計が可能。REALIZER社はこの技術の先駆者としてSLMの開発に一貫して取り組んでおり、これまでに20年以上の実績がある。
 既にDMG森精機では、金属材料粉末とレーザを同時に照射し、積層と溶融を行うダイレクトエナジーデポジション(Directed Energy Deposition)を採用したLASERTEC 65 3D(5軸加工+AM機能搭載機)とLASERTEC 4300 3D(複合加工+AM機能搭載機)をラインアップしている。ダイレクトエナジーデポジションは、積層と溶融を同時に行うため造形時間が早く、異なる金属材料粉末の積層や小型製品の造形、インペラやブレードといった高付加価値製品の補修に適している。
 DMG森精機は、SLMとダイレクトエナジーデポジションの両技術を取り揃え、また、両技術を組み合わせることにより、ユーザーに全く新しいアプリケーションを提供する。今回、同社ドイツ・フロンテン工場で開催中の「DMG MORIフロンテンオープンハウス」で参考出展し、ドイツ含む欧州では5月の自社展「ビルフェルトオートハウス」から発売予定。日本国内では伊賀事業所で6月に開催予定の自社展「IGA INNOVATION DAYS」から発売する。