コラム

2015年9月25日号

 やはり来たか、という感じだ。安倍首相は自民党総裁再選が正式に決まるや否や、GDP600兆円目標を柱とする「新3本の矢」を発表した▼安保関連法案をめぐる与野党の対峙が続く折から「これが通れば再び経済最優先の政策に移る。大きな発表もある」などと経産省管轄の団体・協会で実際に何度か聞いていた。だか...

2015年9月10日号

 潮が引くように、とはこのことか。東京五輪エンブレムの看板やポスターが、都内の街角や公共施設から静かに消えている。ポスターを剥がした後が薄暗い洞(うろ)のように淋しげだ▼類似・盗作をめぐって一転、二転。結局は白紙撤回に追いやられた東京五輪エンブレム問題だが、顛末を振り返ると、情報社会の特性が濃...

2015年8月25日号

 どうにもうまく飲み込めない言葉というものがある。小生にとっては「歴史にタラレバはない」、がその一つ。子供の頃から中高年になった今まで、恥ずかしながらずっとピンと来ず、今も耳にするたび、まごまごしてしまうふうだ▼歴史は動かしようのないものだと教えているのか。あるいは「たられば」を思う際は悔いの...

2015年8月10日号

 次世代製造を目指す動きが日本でも加速しているが、ふと足下を見るとその為の「人材」が不足する現状にぶつかる。曰く、ロボットの現場導入に欠かせないシステムインテグレーターが繁忙で極端に不足。曰く、IT化をマネジメントできる人材がなかなか見当たらない▼こんな話もあった。60歳前後のCAD/CAMメ...

2015年7月25日号

 気持ちというものはつい醒める。仕事でも人間関係でも、恋だってそうだろう。いや元来、人間の感情は絶えず起伏を繰り返し、テンションの高い時もあれば下がる時もくる。むしろ下がった時に落ちついていられれば、視野が広がりよく考えが進む場合がある▼迷走を続け、ついに白紙化した新国立競技場の建設問題は、五...

2015年7月10日号

 本号発刊日の7月10日は納豆の日であるという。ナナとトウで納豆、深い意味はないようだ。納豆はネバネバして臭いもあり、好き嫌いがはっきり分かれる。関西では食べないとか関東では日々の食卓に乗るなどと言われ、真偽の程は知らないが地域によっても納豆との相性はくっきり異なるようだ。来日した外国人に勧め...

2015年6月25日号

 突然に晴れ渡った。日韓関係だ。両政府がそれぞれ開いた国交正常化50周年式典は祝賀ムードに包まれ、未来を志向し関係改善を呼びかける安倍首相、朴大統領の姿がマスコミを飾った。直前には泥仕合状態だった世界遺産登録の問題も一転、条件はいろいろあるにせよ協力しあうと合意をみた▼急転直下の歩み寄りには驚...

2015年6月10日号

 30社を超す国内の有力企業が核となり、間もなく「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ」が立ち上がる。モノづくりと情報通信技術を融合し設備同士や工場をつなげ、それによる付加価値を最大化させることが目的だ。法政大学など「学」主導で実現した組織であり、「つなぐ」をめぐっては国際規格化を...

2015年5月25日号

 息子の自転車が盗まれた。カギをかけていたが雨の日に街中に放置したのが良くなかった。防犯登録をしていたが戻らなかった。そんなある日、近所の自動車整備工場で中古自転車を売りに出しているのに気づいた。21段変則の紅白色のマウンテンバイクに目が止まった▼1万ちょっとでいいよ。修理するから3、4日待っ...

2015年5月10日号

 世間を騒がせたNHK報道番組の「やらせ問題」は連休までに一応の決着をみたが、いろんな点ですっきりしない。NHKが最終報告書にまとめた謝罪内容は「やらせではないが視聴者に誤解を与える過剰な演出があった」というもの▼しかし我々がニュースで知ったのは「やらせではない過剰演出」という曖昧表現からは相...