コラム

2015年4月25日号

 取材時に意見をすることはよくある。本音を引き出す為にピリッと刺激を与えるのは効果的などと思うからそうするのだが、一歩間違えるとドツボ。君は意見をふっかけに来たのか、私の話を聞きたくて来たのかどっちなのか。取材というから受けたのであって、君と議論する暇などない。ある時は思わぬ怒りを買い、原稿も...

2015年4月10日号

 通勤路やオフィス街で新社会人を見かける。毎年春のお馴染みの光景だが、着慣れない新着のスーツ姿、少し浮き足立った立ち振る舞いや言葉遣いから、はっきり新社会人と分かるのがいつの年もなんだか不思議だ。これがまた1年も経つと明らかに社会人らしくなっていくから面白いものである▼就職時には皆、期するもの...

2015年3月25日号

 知人の為替ディーラーが一週間後を「遠い未来」と言い切ったことがあった。朝、相場の地合いから当日のディーリングについてあらかたを思い描き、場が立つと、売買状況をみて数時間先、数分先のポジションを決める。その上で瞬時の判断で売買を続ける。「長期戦略も立てるけど、その日の午後が対象かな」。彼が冗談...

2015年3月10日号

 朝方は小雨が降って冷え込みますが、昼には晴れて4月中旬を思わせる陽気に。ただ風が強く花粉の量は今年最大と予想されます…。花粉症が年々重くなり、その日のなんだか複雑な天気予報を聞くや、淡いブルーな気分で会社へ向かうこととなった▼通勤電車は相変わらず周囲がスマホに忙しい。目を閉じてボオッとする。...

2015年2月25日号

 企業のセミナーなどに行くと開始直前に必ず「携帯電話は電源をお消しになるかマナーモードで」とアナウンスが流れる。思い起こすと20年ほど前までは「場内は禁煙とさせていただいています」も定番的にあった。紫煙の中で会議していたような当時だから、一応念を押していたわけか▼最近は時代を映し「ノートパソコ...

2015年2月10日号

 製造や物流の現場で自動化ニーズが高まり、ロボットの引き合いが増えている。国内が今まさにそうだし、海外も導入の流れは継続して強い。産業用ロボットで世界シェア5割ほどを占める日本は出番到来の時だ。国内の人手不足を解消する為に、また設備を若返らせるキッカケという面でも、ロボットが鍵となって、直接/...

2015年1月25日号

 こっちのホテルあちらの会場と、製造系の団体や工業会の新年賀詞交歓会を連日のように回ってふと、いつもの新年会と違うと感じていることに気づいた。ホテルのロビーからして混み合い、賀詞交歓の各会場も多くが参加者増、人いきれがしている。各代表者が語る展望も総じて例年よりうんと明るい▼けれど違いを覚えた...

2015年1月1日号

 謹賀新年—。お正月の朝一番は、ピンと張りつめた冷たく澄んだ空気があって、いつもすがすがしい気持ちにさせてくれる。山や海で初日を拝んだり、一晩以上をかけて仲間と70㌔ほど歩き、その地区で有名な神社へ初詣に繰り出したしたこともあった▼でも、記憶としてより強く残っているのは子供時代の家族の元旦だ。...

2014年12月10日号

 忘年会は、一年の苦労を忘れ互いをねぎらう年の暮れの宴会だが、これは日本唯一の風俗で、海外諸国には忘年会に相当する言葉すら無いと聞く▼だから日本特有のナアナアの文化だと批判も出るが、基本まあいいじゃないかと受け流したい。過去を水に流し、争わず許容して次に向かおう、そんな前向きな協調精神が忘年会...

2014年11月25日号

 日刊紙一面にGDPショックのデカ文字が踊り、野党の一部からは「アベノミクスの失敗明らか」と速攻でコメント。ショック大好きのマゾ的マスコミにも、ここぞとばかり嵩(かさ)にかかって攻める政治家の品性にもウンざり、げんなりだ▼翌々日あたりからは、株価なども含め少しずつ落ち着きを見せたが、ことある毎...