コラム

2016年8月10日号

 リオのオリンピックが始まった。開会式翌日には、いきなり競泳男子400m個人メドレーで日本人選手が金と銅のW表彰台。生中継を見て思わず心が躍る▼感心させられるのは、お家芸と言われた柔道や体操だけでなく、いろんな種目で日本選手の活躍の可能性が拡がっているようにみえる事だ。水泳ほかテニスも陸上も卓...

2016年7月25日号

 企業間の協業が進み、得意分野を補完しあって商品やシステムを開発するといったことが頻繁だ。それはいいことだが、記者として時に思わぬ失敗をしでかしてしまう▼例えばA社のシステムは、協業するB社からのOEM供給なのに、B社が黒子に徹する一方、A社もOEM供給であることを伏せる為、A社オリジナルとし...

2016年7月10日号

 50歳を少し越えたA氏は、大柄で固太りしており、ルックスは元柔道かラグビー選手かといったふう。いつもニコニコと温和で人当たりがよく、筆者行きつけの飲み屋の客の一人として常連から好かれている▼浄土真宗の住職さんだ。奥さんの実家がお寺で、当人、大手証券会社に長く務めたが、中間管理職から一転、得度...

2016年6月25日号

 EUからの離脱の是非を問うイギリス国民投票は、予想通りもつれにもつれたあげく世界の金融界、産業界、人々に衝撃を与えることになった。離脱派と残留派で世論を分断し拮抗して競り合った、その奥底になにがあるのか。今回の件はしっかり検証されるべきものだ▼離脱派がEU離脱と引き換えに得るのは「国家主権の...

2016年6月10日号

 例年、5月から6月中旬にかけ各種工業会や協会の年次総会が続く。取材者として2、3日に一度位の頻度で参加し今年気づいたのは、いつになくマインドが強弱さまざま、まだら模様をしていることだ▼あるサプライヤーの団体では、モノづくりの国内回帰を実感する挨拶を聞いた。自動化など時流に乗る分野の工業会は「...

2016年5月25日号

 幼少の頃から「陰日向(かげひなた)」の無い人間になれ、「裏表」があってはならん、などと教育されてきた。が、青年期になって少し小生意気な知恵がついた頃から、陰日向と裏表はまったく違うじゃないかと、勝手に理屈づけるようになった▼言葉遊びの類かもしれないが、光の差すところ必ず影ができる。胸に手をあ...

2016年5月10日号

 最後の椅子に座る者だけが勝つ椅子取りゲームと同じだよ。以前、ビジネスの現状を説明し業界の先輩がそう語ったことがあった。「2位じゃダメなんでしょうか」と詰問し顰蹙を買った某政治家の発言より以前のことだった▼昔から優勝劣敗などと言うが、スマホをはじめひと握りの勝者が市場を総取りする時代になったと...

2016年4月25日号

 明るいナショナル、みんなうちじゅう、なんでもナショナル…。松下電器産業(現パナソニック)が昔、長いこと人気テレビ番組のオープニングで流していた曲を懐かしく思い出した▼曲を思い出したのは「記者さんにも最近のマーケティングを知って欲しい」と某所でドンと渡された資料に目を通していた最中である▼資料...

2016年4月10日号

 都心の横丁にあるこじんまりしたバー。カウンター席の筆者の隣にオーストラリアから観光で来た中年の夫婦が座り、中仙道を巡った今回の旅はもう終盤だが、桜の美しさはもう絶対に忘れない、と奥さんから話しかけてきた▼すぐに英語に達者な別の日本人客も加わり、外国人旅行者と見知らぬ同士で桜談義をしばし。会話...

2016年3月25日号

 モノづくり系ITベンダーを取材して最近よく耳にする言葉に「プラットフォーム」(以下PF)がある。…頻繁に使われている言葉ではあるが、当社もPF事業を進め…などと、前置きを入れて述べるケースとも出会う▼PFと言われても門外漢には正直、いまいち馴染みにくい言葉だ。IT業界で言うPFはある種の仕組...