News

ジェービーエム、東大阪で自社展開催

切削、測定、ロボ、積層の「4本柱」で

 ジェービーエムは3月1日、クリエイション・コア東大阪でプライベートショーを開催した。CAD/CAMソフト「Mastercam」による切削加工の改善提案だけでなく、測定、ロボット、積層造形も含めた「4本柱」(森川幸輔大阪支店長)の展示構成に。協賛メーカーは従来展の倍となる7社に増加した。 ワンフロア...

新東工業、6軸力覚センサに参入

レプトリノと技術提携

 新東工業は、レプトリノ(長野県佐久市)と技術提携し、産業用ロボット向けに6軸力覚センサの製造・販売を開始する。既存事業である鋳造設備や表面処理設備の分野でも、センサを搭載したロボットのアプリケーションを開発し、ロボット関連の新規事業を拡大する計画だ。 6軸力覚センサは、直行するXYZ軸の力と軸周り...

OKK、伊丹で中部・西日本PS

工具との相乗効果で性能PR

 OKKは2月21日から2日間、猪名川製造所(兵庫県伊丹市)で「中部・西日本プライベートショー」を開催した。金型加工に対応する立形マシニングセンタの新機種「V53α」を中心に5機種展示。切削工具メーカーとのコラボレーションによる加工提案が目立った。 立形MCの主力機種「VM53R」では、切削送り毎分...

安田工業、3Dデータから高精度造形

CAMレス切削、樹脂加工で

 設計・製造ソリューション展、機械要素技術展、次世代3Dプリンタ展など7展で構成される「日本ものづくりワールド2019」が2月6日から3日間、東京ビッグサイトで開催され、3日間合計で6万6049人が来場した。 初開催の次世代3Dプリンタ展で、安田工業は3Dトランスレーター「Labonos(ラボノス)...

サンドビック、デジタル戦略を強化

年内にセンサ内蔵工具発売

 サンドビック(コロマントカンパニー)は切削工具のデジタル戦略を強化する。ツールパス用ソフトウェアやツールライブラリなどで構成する「CoroPlus」の新たなメニューとして、長尺内径旋削の加工状況をリアルタイムに把握できるセンサ内蔵工具を2019年第2四半期に日本で発売する。 「Silent Too...

ブラザー工業、SPEEDIO新商品発表会

主力の30番機を一堂に展示

 ブラザー工業(佐々木一郎社長)は2月14、15日、同社の産業機器・東京ショールームにてコンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」の新製品発表会を開催。スタンダードモデルのSシリーズから、旋削加工とマシニング加工をワンチャッキングで行うことができるMシリーズまで全シリーズを展示した。 同社の一押し...

三菱重工工作機械、自社展に450人

大型機でも「手仕上げレスに近い」金型加工

 三菱重工工作機械(岩崎啓一郎社長)は2月7、8の両日、滋賀県栗東市の本社工場で恒例のプライベートショー「マシンツールフェア」を開いた。ショールームに設置する精密加工機やワーク、工場で組み立て中の大型機などを披露し、ユーザーや流通関係者ら約450人が訪れた。 アフターJIMTOFと位置づけるこのフェ...

三井精機工業「MTF2019」に約1000人

新コンプレッサ、IoTシステム披露

 三井精機工業(奥田哲司社長)は1月22、23の両日、自社展「MTF2019」を開催、2日間で約1000人が来場した。例年、埼玉県比企郡川島町の本社工場で開催しているが、本年は増産により生産スペースを拡大したことで、大宮ソニックシティをメイン会場としての開催となった。 注目の製品は同社主力コンプレッ...

三菱電機メカトロフェア、放電とレーザー加工の自動化提案

 三菱電機は1月24日、25日に恒例のプライベートショー「東日本メカトロニクスフェア」を東日本メカトロソリューションセンター(さいたま市)で開催。放電加工機、レーザー加工機等を一堂に展示し、両日で約500人が来場した。 今回展で同社が強く推したのが、昨年のJIMTOFで披露した今年発売予定の新型ファ...

岩崎電気、大阪で工場照明アピール

防爆仕様や高天井用LED

 岩崎電気は1月24、25日の両日、工場向け照明に特化した自社展を大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで開いた。関西地区での単独展の開催は5年ぶりで、プラントなどで採用される防爆仕様や高天井用のLED照明など昨年秋頃に発売した製品(レディオックシリーズ)を中心に紹介した。 防爆仕様では蛍光灯から置き...