News

ナガセインテグレックス、3年ぶりに内覧会開催

納期短縮の次期主力機公開

 ナガセインテグレックス(長瀬幸泰社長)は7月19日までの4日間、岐阜県関市の本社工場で3年ぶりに内覧会を開催した。来場者数は当初予想を大きく上回る1300人以上。あらゆるサイズの研削盤を数十台並べ、「超精密加工」に必要な要素をアピールした。 工場5棟に、成形平面、非球面レンズ、複合、門型などの研削...

DMG森精機、世界サポート拠点東京に開所

新デザイン機30台を常設

 DMG森精機は7月18日、主に国内やアジアをカバーするサポート拠点「東京グローバルヘッドクォータ(GHQ)」(東京都江東区)をオープンした。スイス・ウィンタートゥールに10月開所予定のGHQとともに2拠点で全世界の営業・サービスを統括する。  東京GHQは東京駅からJR京葉線で約7分の潮見駅からす...

滝澤鉄工所、工場に新設備続々導入

摺り合わせ工程、ロボットが協働

 滝澤鉄工所(原田一八社長)は6月20日から2日間、岡山市の本社ショールームで「タキサワマシンフェア岡山」を開催、540名が来場した。フェアでは工場見学ツアーも開催し、生産性向上の取り組みを来場者にみせつけた。  摺り合わせ工程では工作機械メーカーで初めて、「摺り合わせ支援ロボットシステム」(=写真...

LIXILのタンクレストイレ、累計出荷100万台突破

 LIXIL(東京都千代田区、藤森義明社長)の奥行きを抑えたタンクレストイレ「SATIS」の累計出荷台数が2001年の発売開始からこの5月末に100万台を突破した。  「世界最小・満足最大。」のコンセプトで売り出したSATISは、限られた空間をより広く使えるようタンクをなくし、世界最小サイズの奥行き...

太陽工機がプライベートショウ

光った「新立形研削盤」、非加工時間短縮

 太陽工機(渡辺登社長)は7月10日と11日に長岡市の本社工場でプライベートショーを開催、独自技術を注入した各種内面研削盤や新製品の立形研削盤を披露した。開催前日に新潟地方を襲った大雨と、続く大型台風の影響から来場を取り止めた向きも少なくなかったが、晴れ渡った2日目には集客も盛り返し、事前の来場目標...

山善、マグネ火災受け勉強会

機械納入先の安全確保へ

 山善の機械事業部は7月8日、東京・品川の東京本社で工作機械に付ける自動消火装置の社内向け勉強会を開いた。5月に東京・町田で起きたマグネシウムによる工場火災をきっかけに、機械の納入先の安全を確保するのが狙い。マグネシウム合金やチタン合金は携帯電話やパソコン、航空機部品などに使われる身近な金属になった...

ヤマザキマザック、高崎市にテクニカルC開設

 ヤマザキマザックは7月18日、群馬県高崎市にサポート拠点を開設した。「高崎テクニカルセンタ」(TEL.027-341-7337)では、工作機械の営業・サービスに加え、工場の合理化など技術的なアドバイスも含めた経営全体を支援する。これまで高崎市内を対応していた太田テクニカルセンタ(群馬県)から、新拠...

SIM-Drive、EV開発プロジェクトを加速

 電気自動車(EV)開発のSIM−Drive(東京都板橋区、TEL.03-3966-1237、田嶋伸博社長)は、ガソリン車を上回るEV開発プロジェクトに参画するエンジニアおよび協賛を世界中から募集し始めた。インディ500マイルに続く世界で2番目に古く、世界的に権威のあるレース「パイクスピークインター...

京セラ、太陽電池の効率化技術で特許侵害訴訟を提起

 京セラ株式会社(山口悟郎社長)は、ハンファQセルズジャパンに対して、太陽電池モジュール関連の当社特許(特許第4953562号)を侵害しているとして、7月10日、東京地方裁判所に特許侵害訴訟を提起した。  京セラは、「ハンファQセルズジャパン社が、太陽電池モジュールの高効率化を実現する『3本バスバー...