News

三菱電機、さいたま自社展に5百人

ワイヤ放電の品揃え「史上最強」

 三菱電機は6月20、21の両日、さいたま市にある同社東日本メカトロソリューションセンターで製品・技術を集めた恒例のプライベートフェアを開いた。目標を1割弱上回る480人の機械ユーザーや流通関係者らが訪れ、放電・レーザー加工機の受注額は同2倍近い8億6千万円を記録した。  「今年の放電のラインナップ...

滝澤鉄工所「タキサワマシンフェア岡山」を開催

小物量産から自動化まで、ニーズに対応

 滝澤鉄工所(原田一八社長)は6月20日から2日間、岡山市の本社ショールームで「タキサワマシンフェア岡山」を開催した。約540名が来場し、新機種2製品をはじめ主力製品群を披露した。  注目を集めた新機種は、平行2主軸CNC旋盤「TTシリーズ」の新ラインアップとして開発した、5インチクラスの「TT−5...

初田製作所、引合い急増金属火災用消火装置

工作機械は消火後すぐに復旧

 1千万円を超える大型案件を含め、いま初田製作所(大阪府枚方市、1902年創業)に引き合いが急増している。同社が扱うのは工作機械に付ける自動消火装置や放射器など。自動装置は大手工作機械メーカーの一部で標準採用されるほどの実績がある。  需要増のきっかけは5月に東京・町田で起きたマグネシウムによる工場...

三菱電機、国内キッチン家電を強化

IHなど4製品 前倒し発売

 三菱電機はキッチン家電事業を強化する。BtoC新ブランド戦略を打ち出し、例年秋に発売していた高付加価値新商品を6月に前倒しして順次発売する。高齢化や人口減から国内マーケットは縮小すると見る向きが多いが、同社の全社売上高の4分の1を占める家電事業のうち国内売上は53%(2013年度、4956億円)を...

コロナ、エコキュートで電力負荷平準化機器・システム表彰「6年連続受賞」

 コロナ(内田力社長)は、(一財)ヒートポンプ・蓄熱センターが主催する「第16回電力負荷平準化機器・システム表彰」で、「コロナ プレミアムエコキュート」が同財団・理事長賞を受賞したと発表した。2009年から6年連続・通算で8回目の受賞となった(同理事長賞4回、同振興賞2回、資源エネルギー庁長官賞2回...

クリナップ、いわき市の学習施設にブース設置

 クリナップ(東京都荒川区、井上強一社長)は、福島県いわき市に5月28日開所した学習施設「いわき体験型経済教育施設Elem(エリム)」内の「ファイナンスパーク」にクリナップのブースを設置・協力した。キッチンを1セット設置し、ショールームの画像を活用して奥行きのある空間を演出する(=写真)。  この学...

米ボーイング、新型機製造に日本企業5社

主要構造部位の2割を担当

 航空機大手の米国ボーイングは12日、開発を進める「777Ⅹプログラム」で、日本の主要パートナー企業5社が参画することで合意したと、発表した。  合意したのは、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機の5社で、日本の航空機産業の向上発展を目指す日本航空機開発協会と共に、ボーイングと...

京セラなど5社、世界最大の営農型太陽光発電事業

農業と発電で地域振興に貢献

 フォトボルト · デベロップメント · パートナーズ社(以下PVDP)、京セラ(山口悟郎社長)、九電工(西村松次社長)、オリックス(井上亮社長)、みずほ銀行(林信秀頭取)の5社は、長崎県佐世保市宇久島において、世界最大となる最大出力430MWの営農型太陽光発電事業の検討を協力して進めることに基本合...

やまびこ産業機械、全国11カ所で新製品発表会

防災、建設市場に応える

やまびこ産業機械(勝又美義社長)は6月11日、大阪市鶴見区のハナミズキホールで新製品発表会を開催、販売店やレンタルリース業界などの関係者ら約250名が来場した。 全国11カ所で順次開催予定の発表会は、産業機械業界に対して新製品の理解と浸透を図るのが目的。会場には、防災対策で受注を伸ばしている発電機か...

ANAとヤマト運輸、シンガ向け宅急便開始

 旅客便と貨物専用機を運行するANA Cargoとヤマト運輸は5月30日、沖縄国際物流ハブのネットワークに新たに沖縄︱シンガポール線を5月14日に加え、就航地点が12地点(73路線)に拡大したと発表した。これに伴い日本発シンガポール向け「国際クール宅急便」をスタートするとともに、シンガポール向け「国...