News

東日製作所、新「トルクハンドブック」がBtoB広告賞

 東日製作所(東京都大田区)が2月に配布を始めた製品カタログと技術資料を1冊にまとめた「トルクハンドブックVol・8(日本語版、英語版)」 (BA5版)が第35回「2014日本BtoB広告賞」製品カタログ(総合)の部で銅賞を受賞した。刷新したトルクハンドブックはトルク機器の運用・管理 に役立つ資料を...

オークマ、日本機械学会賞(技術)を受賞

「ファイブチューニング」の基本原理で

 オークマ(花木義麿社長)はこのほど、知能化システムの開発で、2013年度日本機械学会賞(技術)を受賞した 。受賞対象となったのは、「5軸制御工作機械の幾何誤差補正とその精度維持を行う知能化システム」。5軸制御工作機械が自身の幾何誤差を計測・補正して高 精度を維持する知能化システムで、同社独自の知能...

日立ツール「東日本日立ツール会」を開催

超硬ドリルが好進撃、生産技術磨く

 日立ツール(田中啓一社長)は5月14日、東日本地域の特約店や代理店関係者ら約60名を招き都内のホテル日航東京で「東日本日立ツール会」を開催、企業としての今後の取り組み方針などを示した。  プレゼンテーションを行った田中社長は、冒頭、前3月期決算について「売上は前々期比10.6%増の159億4800...

三菱重工、独シーメンスと製鉄機械の合弁会社設立

フルライン供給体制で、グローバル展開

 三菱重工業はこのほど、ドイツのシーメンス社と、製鉄機械の合弁会社を設立することで合意したと発表した。新合弁会社は、日立製作所およびIHIが出資 する三菱日立製鉄機械と、シーメンスグループがドイツ、オーストリア、米国などに持つ製鉄事業を分割・集約することで、英国国内に2015年1月に設立。 出資比率...

ケルヒャージャパン、名古屋市中心部で護岸洗浄

社会貢献活動、また新たに完了

 清掃機器の世界最大手ドイツ・ケルヒャーの日本法人ケルヒャージャパン(佐藤八郎社長)は、社会貢献活動として、各地でボランティアによる洗浄プロジェクトを実施している。この5月には名古屋市の中心部を流れる堀川の護岸洗浄を完了させたと発表した。  今回は、堀川フラワーフェスティバル(5月9日~)の開会に向...

ダイキン工業、創業90周年記念事業を実施

世界の森林、地元主体で保全

 ダイキン工業は、10月25日に控えた創業90周年を記念する社会貢献事業として、国際NGO「コンサベーション・インターナショナル(以下、 CI)」および(公財)知床財団と連携し、従来の森林再生・保全活動を拡大した『空気をはぐくむ森プロジェクト』をスタートする。  同社では2008年からCIとインドネ...

クリナップ、アドバイザー全員が食育資格取得

 クリナップ(東京都荒川区、井上強一社長)の全国のショールームアドバイザー380人全員がNPO日本食育インストラクター協会が認定する「食育インス トラクター3級」の資格を取得した。同社はキッチン専業メーカーならではの価値を提供するため、サロネーゼ(個人教室主宰者)による「食」を通したイベン ト開催な...

LIXILグループ、積極投資で売上倍増の3兆円へ

 LIXILグループ(藤森義明社長)は引き続き国内2兆円、海外1兆円の計3兆円の売上と営業利益率8%を目指す中期経営計画(2017年3月までの3 カ年)を5月7日に開いた決算説明会で発表した。近年の伊ペルマスティリーザ、米アメリカンスタンダード(ASB)、独グローエの買収で海外売上が伸びる が(16...

NTTスマイルエナジー、太陽光発電遠隔モニタ「エコめがね」

ユーザーの総発電量が1日1GWhを突破

 NTTスマイルエナジー(谷口裕昭社長)は、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」を利用しているユーザーの太陽光発電パネル1日あたりの総発電量が1GWhを突破したと発表した。  同社では、クラウドを活用することにより、スマートフォンやパソコンを通じていつでもどこからでも発電状況を確認できる...