News

アマダホールディングス、オリイメックを完全子会社化

自動車部品向け、自動化を推進

 アマダホールディングス(磯部任社長)は8月8日、プレス機向け自動化装置大手のオリイメック(高畠一社長)を完全子会社化したと発表した。同日、名村造船所(名村建社長)との間で、名村造船所が100%保有するオリイメックの株式を全て取得する株式譲渡契約を締結した。取得価格は125億円。株式譲渡は10月初頭...

LIXIL、インテリア向け新ブランド

「Interio(インテリオ)」発表

 LIXIL(瀬戸欣哉社長)は8月2日、都内でインテリア事業の新ブランド「Interio(インテリオ)」の発表会を開催した。新ブランドの名称であるInterioは「Interior」に「Open」を足した造語で、「お客様の理想のインテリアをまるごとサポートさせて頂きたいという想いを込めた」(同社理事...

オリックス・レンテックとGLM、プラットフォームレンタルで協業

 オリックス・レンテック(井尻康之社長)はEVメーカーのGLM(京都府・小間裕康社長)と協業し、8月20日からEVのプラットフォーム(車台とパワートレインで構成する車の中核部分)のレンタルサービスを開始した。 レンタルされるのはGLM社のスポーツカータイプEV「トミーカイラZZ」に使用されているプラ...

カドコーポが新工場披露

CFRP加工装置を製造

 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)など新素材の自動成形加工装置を開発するカドコーポレーション(2000年設立、兵庫県たつの市、倉谷泰成社長)は、本社工場を同市内から同市や上郡町などにまたがる播磨科学公園都市に移転した。敷地面積約7500平方㍍、床面積(平屋)約1800平方メートルで、兵庫県の中小...

オークマ、岐阜県可児市に第6工場

MC生産能力30%増強へ

 オークマ(花木義麿社長)は、岐阜県可児市に部品工場「K6」の建設に着手する。対象機種は立形・横形・門型の各種マシニングセンタ。組立工程と同期させながら、1個生産流しによる「必要なものを、必要なときに、必要な量だけつくる」多品種少量生産、量産並みの高効率生産を目指す。スマートマシン、ロボット、FMS...

OKKが中部・西日本PS

超重切削、工程集約提案

 OKK(宮島義嗣社長)は7月26日から2日間、兵庫県伊丹市の同社猪名川製造所で中部・西日本プライベートショーを開催した。立形マシニングセンタの主力機種「VM/Rシリーズ」など7機種を展示。参考出展として、機械の稼動状況を常時管理するモニタリングシステムから統合表示機能と監視カメラ機能を紹介した。 ...

豊田自動織機、大型物流センターを再現

大阪にショールーム開設

 豊田自動織機は、大阪府吹田市に建設を進めていた物流コンサルティング型ショールーム「トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪」をオープンさせた。延床面積は約8千平方m。同施設は、東京、愛知に続いて3カ所目。最新の物流搬送機器などを使用し、生産ラインや大型物流センターの現場を再現した。 同社事業部...

アマダマシンツール、土岐のフェアに1000人が来場

最新の研削、プレス技術を一堂に

 アマダマシンツール(田所雅彦社長)は7月11日から3日間、岐阜県土岐市の土岐事業所で「プレス・モールドフェア」を開催。事前の想定(700人)を上回る500社・約1000人が全国各地から来場し、大いに賑わった。 初日の特別講演会では同社プレス販売・中日本ブロック長の山本一氏が「パルスモーションを活用...

大東精機、本社工場内にジム完備

 年を重ねるごとに気になる「健康」は、企業の生産性や収益とも関係性が深い。従業員の健康維持・増進への取り組みを経営上のコストではなく、戦略的な投資として位置付ける「健康経営」の動きが広がっている。大東精機(兵庫県尼崎市)は本社工場内にアスレチックルームを新設し、初心者や女性でも利用しやすい雰囲気づく...

大有、本社と製作所を千葉に移転

国際物流総合展で新製品投入へ

 マテハン機器メーカーの大有(田中良和社長)は7月18日、本社(東京営業所・東京製作所)を千葉県千葉市美浜区に移転、新社屋を披露した。従来は江東区南砂に本社機能と製造拠点を置いていたが、近隣のマンション開発ラッシュもあり、操業に支障を来たす可能性が高まったことや、新たな人材の活用、登用を狙って移転に...