News

都機工、職場環境の改善など提案

個展、千葉・柏市で

 都機工(長橋初社長)は、11月8、9日の2日間にわたり、千葉県柏市にある柏の葉カンファレンスセンターでプライベートショー「省エネ・環境・安全展」を開催した。各種省エネ機器をはじめ、自動化や省力化にテーマに沿う商品群を多数展示、これらを通じ快適な職場環境の構築をさまざまな視点から提案した。メーカー6...

シチズンマシナリー、埼玉でプライベートショー開催

LFV、樹脂や大径化対応も

 シチズンマシナリー(中島圭一社長)は11月9日から2日間、埼玉県所沢市の東日本ソリューションセンターでプライベートショーを開催した。同センターでの個展開催は2013年以来4年ぶり。関東圏のユーザーら580人が来場した。 会場では自動旋盤5機種を展示し、10月21日に閉幕したMECT2017(ポート...

ダイフク、総合展示場にVR室 新設

 ダイフクは滋賀事業所(滋賀県蒲生郡)内にある総合展示場「日に新た館」(1994年開館、建物面積6049平方m)にバーチャルリアリティを活用した展示コーナー「VR LAB(ヴイアール・ラボ)」を新設し、11月7日に報道関係者に公開した。VR LABは専用ゴーグルを装着して設備の規模やモノの流れを36...

大阪タイユー、手軽に省力化する回転補助具

 人手不足などを背景に生産現場で進む「省人化」や「省力化」。しかし、企業にとって大規模な設備投資は簡単ではない。 手軽に運搬作業の負担が低減できる製品を提案するのが大阪タイユー(菅原一憲社長)だ。 倉庫や工場で使う可搬式の回転補助具「マワール シリーズ」がその一つ。例えば、パレットへの荷物の積込みや...

モトユキ、全国3カ所で初の自社展

販売店に切断・切削工具提案

  モトユキ(松永光弘社長)は、全国3カ所で同社初のプライベートショーを開催した。今年2月に仙台市内で開いた東北地区限定の「決算大感謝市」に続いて、9月に北海道、10月に広島県で営業所開設周年の意義を込めた「感謝フェア」を実施。主力販売店・代理店の担当者など合計389人が来場した。 各会場では、チッ...

長谷川工業、脚立など主力品に新デザイン

カラーヘッド&国内生産で差別化

 脚立などの主力品において、デザインを重視した高付加価値品が好調の長谷川工業(長谷川泰正社長)は、このほど、2015年から進めてきた商品プロジェクトの成果を発表した。今年12月に第一弾としてプロ用の新デザイン商品シリーズ「プロフェッショナルライン」を発売する。引き続き来年以降は、荷重性能の大きな「イ...

山 久、びわ湖環境ビジネスメッセ出展

 山久(平山正樹社長)は、長浜バイオ大学ドームで開かれた環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ」に出展した。10月18日~20日の会期中、新エネ・省エネゾーンで関連メーカー12社の製品・技術を提案した。油圧ユニット、追従運搬ロボット、抗菌フィルターなどを展示。IoT向けでは、生産設備の信号灯か...

クリナップ、伊キッチンメーカーと提携

超高級市場の開拓、首都圏で

 クリナップ(佐藤茂社長)はシステムキッチンの国内超高級市場に向け、世界54カ国に販売拠点を持ち、環境に優しいキッチンメーカーとして有名なイタリアのValcucine社(バルクッチーネ)と取引契約を締結したと発表した。年度内に東京都市圏を中心としたValcucineブランドキッチンの取扱いを始め、東...

大有、効率的な袋搬送で選択肢拡大

粉体工業展でブレーカとセット提案

 運搬荷役機器の設計・製作を手がける大有(田中良和社長)は、袋や粉体の効率的なハンドリングに向けて提案メニューを増やした。10月中旬に開かれた「粉体工業展大阪2017」では、主力製品の各種ブレーカとともに、バキュームリフトや腰痛対策スーツなどを実演した。 ブース正面に展示したのはフレキシブルコンテナ...

ソディック、「カセット金型」ベースに射出成形の自動化提案

3DプリンターとIoT等で小さなスマートファクトリー

 複数のカセット金型を自動交換し、様々な射出成形品を高効率に打ち出します―。そんな提案をソディック(金子雄二社長)が本格的に進めている。 先ごろ千葉市の幕張メッセで開催された「国際プラスチックフェア(IPFJapan2017)」。同社ブースの一角には、搬送ユニットや金型収納テーブル、金型予備加熱機能...