News

オークラ輸送機、LEDで仕分け間口をナビ

投入ミス無い、種まきピッキング

 オークラ輸送機(大庫良一社長)のLED仕分け装置「PTIシステム」が好評だ。ピッキング後の集荷先仕分けが効率的に行える新しいアソート(種まきピッキング)システム。視認性に優れたLEDライトのガイダンスで投入間口を指示し、見やすいタッチパネルによる投入数指示でミスを最小化できる。 商品のJANコード...

前田シェルサービス、フィルターをモデルチェンジ

汚れを目視化、三品業界のエア品質改善へ

 前田シェルサービス(愛知県岡崎市)は、圧縮空気に含まれる0.01マイクロm以上の固形粒子、オイルミスト、細菌、カビなどを除去する「抗菌・除菌3in1マルチ・ドライフィルタースケルトン」をモデルチェンジした。抗菌処理を施したエレメントと、細菌を捕捉する除菌エレメントなどの特長を生かし、景況に左右され...

山善家庭機器、東日本主力メーカー会を開催

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は6月15日、都内で東日本山善家庭機器事業部メーカー会を開催。77社121人が参加した。開会あいさつで東日本山善家庭機器事業部顧問会の清田壽男会長(コロナ執行役員営業本部副本部長・首都圏支店長)は創部40年を迎える山善家庭機器事業部との長年にわたる絆に思いを寄...

DMG森精機、三重・伊賀の自社展に9千人

「世界最高」の立形MC、初披露

 DMG森精機(名古屋市中村区、森雅彦社長)は6月24日までの5日間、伊賀事業所(三重県伊賀市)で恒例の自社展「IGA INNOVATION DAYS」を開き、機械ユーザーら約9千人が訪れた。 第1組立工場内に設けたショールームに厳選した51台の工作機械や自動化システムなどを展示した。世界初披露とな...

武田機械、本社社屋と工場を拡張

「高品位」で差別化へ

 今年3月に本社社屋の移転と工場の拡張を行った武田機械(福井市三尾野町)は生産量増強に向けて準備を進める。現在、両頭フライス盤やインモーションセンタなどを月に15~20台製造。山口博徳社長は「売上の5割を占める両頭フライスを中心にラインナップを充実させ、生産量を近く2、3割アップさせたい」と意気込む...

太陽工機が個展

超小型研削盤に新2機種追加

 太陽工機(渡辺登社長)は6月22、23日に新潟県長岡市の本社工場でプライベートショーを開催し、814人が来場した。同社は小型立型研削盤市場のパイオニア。渡辺社長の「今のユーザーの最大の関心事はスペースあたりの生産性」との言葉通り、会場でも省スペース化やサイクルタイム短縮、そして自動化ニーズに応える...

ツガミが自社展で新機種を披露

揺動切削やレーザーなど提案

 ツガミ(西嶋尚生社長)は新潟県長岡市のツガミ長岡工場で6月22日から2日間「ツガミテクニカルフェア2017」と題する個展を開催。新製品4機種を含む全21機種を展示し、海外ユーザーを含む1042人が来場した。 CNC精密自動旋盤の新製品では、B026/32/38シリーズに垂直刃物台搭載ラインを追加し...

三菱日立ツールが各地で特約店向け報告会

「経営資源の多くを金型に」(増田社長)

 三菱日立ツール(増田照彦社長)は6月、全国各地の主力特約店の代表者らをホテルに招き、企業としての考え方や、営業概況、新商品の特徴などを伝える「三菱日立ツール報告会」を、「西日本」(大阪14日)、「中日本」(名古屋15日)、「東日本」(東京16日)、「九州」(福岡22日)の順に開催した。増田社長は、...

アマダマシンツール、中・厚板ユーザーにレーザ加工機を提案

棚システムとの連携で生産性向上へ

 アマダホールディングスは、神奈川県伊勢原市の本社アマダ・ソリューションセンターにおいて業界最大規模のプライベートイベント「AMADA INNOVATION FAIR 2017」を5月19日から6月24日までの金・土曜日、計12日間開催。最終日を含む2日間はグループのアマダマシンツールが「鋼材レーザ...

滝澤鉄工所、岡山本社で自社展

EMOにも出品する高能率旋盤 披露

 滝澤鉄工所は6月16・17日、岡山市北区の本社ショールームで新製品紹介と工場見学などで構成する恒例の「タキサワ・マシンフェア」を開き、ユーザーら581人が訪れた。昨秋のJIMTOFに出品した4軸CNC旋盤は今回、ガントリーローダーを付け「TF−2600G」として自動化を付加して初披露した。2タレッ...