News

昭栄産業、ポスト創業75周年

テクニカルフェアを開催

 昨年、創業75周年を迎えた昭栄産業(新潟市、平澤利明社長)は5月19日と20日の両日、燕三条地場産業振興センター(新潟県三条市)で第36回「STF昭栄テクニカルフェア」を開催した。工作機械メーカー17社、機械工具・産業機器メーカー42社が出展。工作機械はJIMTOF2016出品機をはじめとする全2...

山善、今秋発売の家電を一堂に

バイヤー招き東京・大田で

 山善の家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は5月19日までの4日間、主に冬商戦を睨んで開発した同社ブランドの家電を集めた恒例の「オリジナル家電総合商談会」を都内の大田区産業プラザで開いた。流通業などから91社・295人が来場した。 おおむね9~10月発売予定の新機種を中心に提案。暖房機関連では人感セ...

京セラ「AIを試作や製品に活用」

 4月1日付で京セラの新社長に就いた谷本秀夫氏は、1982年の入社以来、一貫してファインセラミック事業本部の技術者としてモノづくりの現場に深く携わってきた経歴を持つ。5月2日に都内で開催された17年3月通期の決算説明会では「売上2兆円の早期実現を目指す」と表明し、製造拠点を統廃合して効率化を進めつつ...

東芝機械グループが総合展

過去最高6623名が来場

 東芝機械(三上高弘社長)は5月18日から3日間、静岡県の沼津本社と御殿場工場で、毎年恒例で15回目となる「東芝機械グループソリューションフェア」を開催。来場者は初の6000名突破となった昨年の6069名をさらに大きく上回る6623名(目標6000名)を記録、未曾有の賑わいになった。 今年3月に東芝...

ヤマザキマザック、大口製作所をIoT化

セキュリティ対策軸に、リードタイム3割減へ

 ヤマザキマザックは、愛知県にある大口製作所のスマートファクトリー化を完了させた。投資額は約100億円。最新のIoT・自動化技術を活用した「MAZAK iSMART Factory」として、年内に2015年比で製造リードタイムと仕掛在庫の30%、管理工数の50%削減を目指す。 MAZAK iSMAR...

寺岡精工、薄型荷物の自動計測ニーズ拡大

 寺岡精⼯(⽚⼭隆社長)は、5月10日から東京ビッグサイトで開催された第5回通販ソリューション展に出展。6月上旬発売予定の⾃動採⼨計量スケール「Smart Qbing」(スマート キュービング)などの新製品を披露した。 スマートキュービングは高精度センサーの搭載により、物流業界で初めて⾼さ5ミリの荷...

アイカ工業、10年ビジョンと4カ年計画公表

 アイカ工業(小野勇治社長)は2020年度を最終年度とする4カ年の新中期経緯計画「C&C2000」を策定し公表した。創立90周年を迎える27年3月期に目指すべき姿「アイカ10年ビジョン」を描き、その実現に向けた第一次4カ年計画が「C&C2000」と位置付ける。21年3月の目標は売上高...

ダイキン、新冷媒採用エアコン販売1千万台に

 ダイキン工業が世界で販売した低温暖化冷媒HFC−32(R32)採用のエアコンが累計1千万台に達した。R32はオゾン層破壊に寄与しにくく温暖化の影響を抑えると期待され、同社は2012年11月に世界で初めてR32採用のエアコンを発売した。 現在日本ではすべてのエアコンメーカーがR32を採用し、業界標準...

LIXIL、リフォームフェアを全国5会場で開催

1日でできる簡単リフォーム、PR強化

 LIXIL(瀬戸欣哉社長)は4月29日から2日間、東京ビッグサイトで「LIXILリフォームフェア2017東京」を開催。当初予想の6000組を上回る約7400組が来場した。同フェアは東北会場(4月1~2日)を皮切りに全国5会場で順次開催しており、北海道と中四国はショールーム19会場で開催する。全会場...

タカラスタンダード、福岡物流センターを本格稼働

 タカラスタンダードは鞍手工場(福岡県鞍手郡)内に30億円を投じて建設を進めていた福岡物流センター(5階建て、延床面積約2万4200平方メートル)を5月8日に本格稼働した。主に九州エリアの一般住宅やマンションなど向け商品の配送を担う。延床面積が従来の2倍となり、「1日当たりの出荷能力は約1・2倍に増...