News

パーパス、「パーパスでんき」中国電力管内でも

電力小売事業、グループで拡充

 住宅用ガス機器などを手掛けるパーパス(髙木裕三社長)が、電力小売事業をグループで拡充する。 グループ会社のパーパススマートパワーが「パーパスでんき」の名称で今年6月から東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、四国電力、九州電力の各電気事業者管内で順次事業を進めてきたが、今年10月から中国電力管内で...

山善、ハードウェアショーを東京で開催

豊富な商品群、一堂に展示・商談

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は9月6日から4日間、家具や園芸、レジャー商品などを一堂に集めた恒例の「YAMAZENハードウェアショー」を大田区産業プラザで開いた。来春物を中心とした山善オリジナルブランド商品と同取り扱いの有力メーカーの製品を披露。全国のホームセンター、通販業界などのバイヤ...

Looop、低圧向け電力の販売エリア拡大

 新電力のLooop(東京都文京区、中村創一郎社長)は2011年4月の設立から累計2万件の契約実績をもつ低圧向け電力、Looopでんき「おうちプラン/ビジネスプラン」の販売エリアを拡大する。これまでの東京、中部、関西の3電力エリアに加え東北、九州、北海道、中国の4電力エリアでのサービスを9月から順次...

住電、福島県に工具拠点

来春完成へ、建設開始

 東北住電精密は、2017年4月の竣工に向け、切削工具生産拠点の建設を開始する。福島県三春町に建てる新工場の敷地面積は2万3020平方m。同年11月に超硬ドリルと鋼工具の生産を開始し、「グローバルな供給力」を増強する。 各ラインに最新の生産管理システムを導入することで、設計・製造・品質情報の一元管理...

山善、ミャンマー・ヤンゴンに事務所開設

新規市場開拓目指す

 山善のタイ現地法人である山善タイは9月1日、ミャンマー最大都市のヤンゴンに新事務所を開設した。 今年3月、新政権が発足したミャンマーは、海外投資が相次ぎ、複数の工業団地の開発が進むなど、アセアン域内の重要拠点として、企業集積が一段と加速すると期待されている。進出企業も現在は、繊維関連産業等が中心だ...

ヤマザキマザック、本社に航空機支援拠点

難削材加工、工程集約提案

 ヤマザキマザック(山崎智久社長)は、愛知県大口町の本社に航空機産業向けのサポート拠点「エアロスペーステクノロジーセンタ」を開設した。各種加工技術の相談、テストカット、周辺機器の情報提供などのメニューを取り揃え、国内外ユーザーの要望に対応する。 センタには、最新の5軸加工機、複合加工機から計6台を展...

JFEスチール、鋼材証明書の偽造防止

QRコードで判定可能に

  JFEスチールは、鋼材の品質証明書(ミルシート)の偽造判定システムを導入した。出荷時に顧客へ渡すシートとして、原本か識別できる透かしや隠し文字の入った用紙を採用。さらに、表面に印字されたQRコードを顧客がスマートフォンで読み込むと、寸法、試験値などが画面に表示され、シート本体の数値と比較できるよ...

マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を増強

機械加工工場も新設

 マツダはこのほど、タイ・チョンブリ県のパワートレイン生産拠点「MPMT(マツダ・パワートレイン・マニュファクチァリング〈タイランド〉)」のエンジン組立工場の年間生産能力を2018年上半期までに10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設すると発表した。 昨年10月に本格稼働したM...

太陽工業、テント素材の新提案

「事務所・店舗施設」の販売開始

 テント構造物メーカーの太陽工業(大阪本社・大阪市淀川区)はこのほど、「テント素材による事務所・店舗施設」の事業化を決定、大阪本社内に同事業の体感施設を完成させるとともに、9月より本格的な営業展開を始めた。  東京ドームやサッカーW杯開催スタジアムのスタンド屋根など、国内外で実績ある産業用膜構造の用...

アマダHD、アセアンでグループ活動強化

10月頃、タイに地域統括の新会社

 アマダホールディングス(磯部任社長)がアセアン地域でグループ事業活動を強化する。今年10月をメドに「ASEAN地域統括本部」となる新会社アジアパシフィック社をタイに設立すると発表した。新会社は、アセアン地域におけるアマダグループ全体の経営統合を担い、戦略本部として機能する。 同時にアセアン地域強化...