News

三菱電機、冷熱システム用物流センター開設

外部倉庫10カ所の機能を統合

 三菱電機は、冷熱システム製作所(和歌山市)の外部倉庫10カ所を「岩出物流センター」に集約した。6月15日に稼動した物流センターは、渡辺産業から貸借。延床面積2万9106平方mは「和歌山県内で最大規模の倉庫になる」という。京奈和自動車道・岩出根来インターチェンジから100mと近く、関西主要地区だけで...

ロブテックス、工具5点が東大阪ブランドに

 ロブテックス(地引俊爲社長)が開発した作業工具5点が東大阪ブランドに認定された。東大阪ブランド推進機構が地元企業の自社オリジナル製品を、オンリーワン・ナンバーワン・プラスアルファの基準で審査。従来品にはない付加機能や付加価値を有する「プラスアルファ製品」としてブランドの仲間入りを果たした。 今回認...

ダイフク、ミャンマー初の自動倉庫納入

 ダイフク(大阪市、北條正樹社長)はミャンマー連邦共和国で初となる自動倉庫を、同国政府系の製薬会社Myanmar Pharmaceutical Industriesに納入した。納入したのはスタッカークレーン4基からなるパレット自動倉庫(総格納数4224パレット)で、ヤンゴン市内に新設された毒蛇解毒剤...

コトブキ、中古測定機の内覧会

 中古機器や海外製品を販売するコトブキ(東京都大田区東糀谷5-9-1、TEL03-3745-4511)は6月10日までの3日間、中古の測定機器に特化した自社内覧会「中古や下町測定会」を開催した。対象製品を絞った内覧会は昨年10月から開き、今回で3回目。1500社の来場目標を設定し、社内の整備士が整備...

安川電機、パスプランニング機能開発

ロボット活用容易に

 産業用ロボットにおけるティーチング作業を自動化し、ロボット活用を容易にします―。 安川電機(小笠原浩社長)はこのほど、ロボットを簡単に生産ラインへ導入する為の「EASY to Use」の取り組みとして、ロボットの動作軌道を同社オリジナルのロボットシミュレーター(MotoSimEG-VRC)上で自動...

ヤマザキマザック、上海にパーツセンタ開設

中国即納率95%へ

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は5月23日、中国の各種アフターサービスを担当するパーツセンタを上海市内にオープンした。 既存のテクノロジーセンタに隣接し、敷地面積6561平方㍍、延床面積4411平方㍍の規模で新設した。日本と中国で製造した保守用パーツを発送するほか、ユーザーや同社サービスマン向け...

ダイキン工業、超小型水力発電 兵庫県で

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は5月25日、神戸市水道局と共同で上水道の管水路の水流エネルギーを利用して発電する10kW以下の超小型のマイクロ水力発電システムの開発を目指し、研究を開始すると発表した。環境省の「2016年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けた。 発電...

シーメット、自動車業界から「引き合い」

「砂型」積層造形装置、DMSで初公開

 光造形システムで長年の実績を持つシーメット(上野高邦社長)は、今年1月に発売したオリジナルの砂型積層造形装置「SCM−10」を、6月22日から東京ビッグサイトで開催の「設計製造ソリューション展」(DMS)で、一般初公開する。 経済産業省の補助事業を活用して開発したもので、一般的なレーザではなく、イ...

エリーパワーの無停電蓄電装置

リース販売で滑り出し好調

 エリーパワー(東京都品川区)が3月初旬からリース販売を始めた無停電蓄電システム「UPSバックアップシステムEKN−6」が中小企業などに相次いで採用されている。系統電源との連携や工事を含め一括してサービス提供し、長時間のバックアップをコストを抑えて導入できる。約2カ月間で30件ほどに採用され、すでに...

山善、東京でアナリスト向け説明会

決算と新中期計画の概要など

 山善(中田繞社長)は5月31日、東京・大手町で前2016年3月期の決算説明会を開催、証券会社や投資顧問会社のアナリストら30名ほどが出席した。 前期決算概要と前期までの中期経営計画の総括、及び新中期経営計画(ONEXT YAMAZEN2018)と今期見通しについて中田社長が説明した。 売上で前々期...