News

ZMPなど3社、IoTで在庫・工程管理 効率化へ

 ZMP(東京都文京区)、SAPジャパン(千代田区)、凸版印刷(千代田区)の3社は4月20日、物流支援ロボットおよびIoT技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進することで合意したと発表した。 連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する台車型ロボット「CarriRo(キャリロ)」に、凸...

カドコーポレーション、研究開発型企業として自動成形機を製造

 兵庫県南西部のたつの市。にょきっと背の高い工場は遠くからでも目立ち、初めて訪れるのに迷わない。セーリングヨット、パワーボードの製造、修理から事業を始めたカドコーポレーション(2000年設立、社員8人)の3階建工場は、1階部分の天井高が10mもある。事業内容は広がり、CFRP(炭素繊維強化プラスチッ...

ヤマザキマザック、大型機も展示可能なサポート拠点

岡山県早島町にオープン

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、岡山県早島町に「瀬戸内テクノロジーセンタ」を開設した。4月22日と23日にはオープニングフェアを開催。2日間で2300人が来場した。 国内7カ所のテクノロジーセンタは、敷地面積約2800坪、延床面積約800坪の大規模施設。マシニングセンタ、複合加工機、三次元レー...

DMG森精機、「やまと郡山城ホール」のネーミングライツ取得

 DMG森精機(森雅彦社長)は4月27日、創業地で本店所在地である奈良県大和郡山市にある「やまと郡山城ホール」のネーミングライツを取得し、基本協定書を締結した。 取得費用は、合計1億円(年額1千万円)で、期間は2017年1月1日から10年間、「DMG MORIやまと郡山城ホール」の愛称で使用する。 ...

住友電工グループ、台湾に工具販社設立

自動車、精密微細向け拡販へ

 住友電工ツールネットとアライドマテリアルは、共同で台湾・新北市に販売会社「台湾宏宇精密工具股份有限公司」を設立し、4月から営業を開始した。 資本金は3000万台湾元。住友電工グループの超硬工具やCBN工具などが「台湾で一定のシェアを有している」状態から、販社設立による情報の共有・一元化で、自動車・...

東芝機械グループ、「ソリューションフェア2016」

幅広い機械技術「最大の強み」として展示

 東芝機械(飯村幸生社長)はこのほど、グループの総力を結集し5月19日から3日間、静岡県の沼津本社と同御殿場工場で開催する「東芝機械グループソリューションフェア」の詳細を伝えた。 今回が第14回目の開催。同社がこのほど策定した2016~18年までの新中期経営計画「TM―PΣ」(顧客プロフィット=Pの...

タケダ機械、平板穴あけを全自動化

ロボット搭載でトータル提案

 タケダ機械(石川県能美市)は、パレタイジングロボット搭載の全自動ドリルマシン「ABF−360R」を開発、4月中旬にインテックス大阪で開かれた「国際ウエルディングショー」で披露した。 平板(スプライスプレート)穴あけ加工のニューコンセプトモデルとして発表した。ロボットがパレットから平板を取り出してセ...

ダイフク、ワイヤレス充電装置

 ダイフクは電動フォークリフト向けの非接触充電システムを世界で初めて実用化したと、千葉市の幕張メッセで4月22日まで3日間開かれた要素技術展「テクノフロンティア」(日本能率協会主催)で発表した。特許出願中のこの電磁誘導式システムは従来のコンセントプラグによる充電時間と同等ながら、「プラグ接続の煩わし...

ヤマザキマザック、CNC・複合旋盤発表

全国11カ所でフェア同時開催

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、4月8日~9日にかけて全国11カ所で「MAZAK QUICK TURNフェア」を同時開催した。岐阜県の美濃加茂製作所では、このほど発表したCNC旋盤の新シリーズと複合旋盤のエントリーモデルなどから計6機種を展示した。 目玉のひとつが世界累計販売9万台を誇るCNC...

LIXIL、名古屋に旗艦展示場

ワンストップ型、東名阪に揃う

 LIXIL(東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は4月21日、中部地区の旗艦展示場となる「LIXILショールーム名古屋」(名古屋市名駅南)を新設オープンした。グループでカーテンやカーペットを製造する川島織物セルコンのショールームも同時に設け、フロア面積約972坪(3198平方m)と県内最大級の規模だ。 ...