News

Robotmaster、ロボットサポートに広がり 不二越製にも

 世界トップ級のシェアを持つ3次元CAMシステム、「Mastercam(マスターキャム)」をベースにした産業用ロボットオフラインティーングシステム「Robotmaster(ロボットマスター=カナダ製)」のサポート領域が拡大している。日本の代理店によると、このほど新たに不二越製ロボットのサポートを開始...

日本ユニシス・エクセリューションズ、ポリゴンビューワ無償提供

5000万フェース表示可

 日本ユニシス・エクセリューションズ(今村康社長、以下UEL)はこのほど、大容量のポリゴンデータを表示できる「ポリゴンビューワ」の無償提供を開始した。  コンピュータグラフィックスで立体図形を表現する際に使用するポリゴンデータ(微細な多角形状であるポリゴンを、敷き詰めて形状表現するデータ)は、これを...

三菱マテリアル、日立ツールを連結子会社に

株式の51%、来年4月取得予定

 三菱マテリアル(矢尾宏社長)と日立金属(小西和幸会長)は、日立金属の完全子会社である日立ツールの発行済み株式の51%について、三菱マテリアルがこれを取得する株式譲渡契約を9月26日付で締結したと発表した。譲渡取引は来年4月1日に実施予定。日立ツールは三菱マテリアルの連結子会社となるが、日立金属も発...

静岡製機、創業100周年機に新ヒーター

スリムな電気式、静かな灯油式

 静岡製機(静岡県袋井市、鈴木直二郎社長)は9月9日、流通関係者ら約150人を招き創業100周年を記念した感謝の催しを都内で開いた。同社は敷物、米の乾燥などに使われた莚(むしろ)を編む製莚機の製造・販売を1914(大正3)年に開始。同社の現在の事業は売上比で7割が農機、3割が産機と農業関連が大部分を...

YAMAZENハードウェアショー

来春向け新商品を一堂に展示

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)は9月2日から4日間、家具や園芸、レジャー商品などを一堂に集めた恒例の「YAMAZENハードウェアショー」を大田区産業プラザで開いた。来春物を中心とした山善オリジナルブランド商品と同取り扱いの有力メーカー62社の製品を披露。全国のホームセンター、通販業界などの...

オーエスジー「Aブランド戦略」発表

イメージ統一、流通網強化へ

 オーエスジー(愛知県豊川市)は、切削工具の製品ブランド戦略を発表した。ブランドイメージのグローバル統一が目的。欧州や中国などの流通網強化も同時に進めていく。 「Aブランド」として、汎用性のあるベーシックライン、難易度の高い加工に対応するハイスペックラインの2本柱で製品開発を展開する。同社が強みとす...

明治機械製作所 岡山工場、太陽光パネル2815枚設置

今年7月末に本稼動

 明治機械製作所(廣田貢社長)の岡山工場が本稼動して半世紀。コンプレッサから塗装設備まで、「エア」に関わる機器を一手に作ってきた拠点が少しずつ生まれ変わろうとしている。 2万1000平方mの敷地に、数棟に分かれて広がる生産ラインと部材倉庫。工場入口から今年7月末に本稼動したばかりの太陽光パネルが見え...

DMG森精機、生産性向上と省エネを両立

省電力セロス搭載機で展開

 DMG森精機(森雅彦社長)はこのほど、工作機械の環境性能を追求した省電力機能を開発、新型オペレーティングシステム「CELOS(セロス)」搭載機から順次展開し、生産性向上と省エネの両立をアピールする。 インバータを活用し、加工負荷に応じてクーラント吐出量を調整する機能や、待機系統の動力をしゃ断する機...

をくだ屋技研が新製品次々

低抵抗の新車輪など活用

 をくだ屋技研(林正善社長)が荷役運搬機器の分野で新製品を連射している。「新製品発売は目下、通常の2、3倍ペース」だそうだ。  今年6月に発売した自社開発の特殊樹脂ホイール「カルオス車輪」は、走行時に車輪にかかる抵抗を大幅低減、従来の半分程の力で運搬機器を動かせる。同社では、この車輪を採用したキャッ...

ソリッドワークス・ジャパン、「概念設計」を支援

クラウド環境でコラボ推進

 ソリッドワークス・ジャパン(鍛治屋清二社長)は、概念設計というモノづくりの初期段階において、部門間・社内外のコラボレーションを推進するクラウド機能を活用したCADソリッドワークスのアプリケーション「SOLIDWORKS Mechanical Conceptual(ソリッドワークス・メカニカル・コン...