News

JAPAN PACKに12万人

「柔らかい」ロボット、映像検索装置も

 30回目の節目を迎え、10月16日までの4日間、東京ビッグサイトで開かれた包装機械展「JAPAN PACK」(日本包装機械工業会主催)に前回(2013年)より2割以上多い11万9317人が訪れた。出展社数も415社と3割弱増え、会場は東棟の5ホール分から6ホール分に拡大。主催者は来場10万人を目指...

産洗協、初の新製品賞 10社が授賞

 日本産業洗浄協議会(JICC、目黒弘会長)は、工業用部品洗浄分野の優れた装置等を表彰する制度「産業洗浄優秀新製品賞」を創設し、このほど第一回・2015年の受賞者「10社・10製品」を発表した。12月2日から3日間、東京ビッグサイトで開催する「2015洗浄総合展」で表彰式を行い、受賞企業のうち6社が...

GOOD FACTORY賞、表彰&記念講演会

日本能率協会

 (一社)日本能率協会(山口範雄会長)は10月19日、都内のホテルで2015GOOD FACTORY賞の表彰式を行い、翌日から2日間、受賞企業8社による受賞記念講演会を開催した。 同賞は、日本およびアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を公募により選び表彰する...

健康・省エネ住宅を推進する国民会議、大阪でシンポジウムを開催

断熱と健康、地域包括ケアの普及へ

 (一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議(上原裕之理事長、以下国民会議)は9月9日、大阪市内でスマートウェルネス住宅等推進事業シンポジウムin大阪を開催。約100名が参加した。 冒頭のあいさつに立った大阪弁護士会元副会長の関根幹雄氏は「断熱と健康の関連性はまだ一般に浸透していない」と普及促進の必...

物流システム機器、昨年度8%減

増税反動や人手不足が影響

 (公社)日本ロジスティクスシステム協会と(一社)日本物流システム機器協会が先ごろ発表した「2014年度物流システム機器生産出荷統計」によると、2014年度の物流システム機器総売上額は、前年度比8%減の3479億1200万円だった。13年度(同11.2%増)まで4年連続で増加していたが、消費増税に伴...

明石でメカトロイベント

機器の魅力を見て、体感

 「次世代につなげる」をテーマに、メカトロ機器の魅力を伝えるイベントが、9月8日と9日に明石市立産業交流センター(コンベンションセンター)で開かれた。展示会場では、ダイアディックシステムズが電動シリンダーの機能・特徴とPC高速デジタル通信を体感できるレーシングシミュレータを設置。来場者は、3軸制御に...

車載用センサ、2020年に世界市場で3兆円超え

環境規制・低燃費、安全対策が後押し - 矢野総研が調査 -

 矢野経済研究所はこのほど、車載用センサの世界市場についての調査を実施し、結果をまとめた。それによると、環境規制や燃費向上、ADAS(先進運転支援システム)の普及拡大などがプラス要因となり、2020年の世界市場規模は、3兆1487億円に達すると予測している。 調査は、今年4月から7月の期間、カーエレ...

三豊科学技術振興協会、19件に研究助成金

 (公財)三豊科学技術振興協会(水谷隆理事長)は、計測・加工・制御に関する研究を対象とした助成事業として、このほど2015年度の交付先を決定した。研究助成(10件)と国際交流助成(9件)をあわせ研究者19人に総額で2199万円を交付する。10月24日には、研究助成の10人について川崎市のミツトヨ本社...

DIYショウに10万7千人

女性ターゲットにプロ向け製品

 国内外のDIY・ホームセンター関連商品約20万アイテムを一堂に集めて8月29日までの3日間、千葉市の幕張メッセで開かれた「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2015」(日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会主催)。出展者数は469社(1046小間)と昨年より26社減ったが、昨年並みの1...

「近大ものづくり工房」が創設

型技術の継承と進化、地域連携で

 近畿大学が大阪東部地域の中小ものづくり振興の新たな方策を打ち出した。今年4月に開設した理工学部の地域連携先端研究教育センター「近大ものづくり工房」だ。(一社)金型協会(斉藤栄司会長)が8月26日に同大学で開催した金型技術大学・平成27年度モノづくり支援講座では、参加した約40名の金型生産関連事業者...