News

黒田精工、中小径ボールねじの主要サイズカバー

直動ガイド、7月から

 黒田精工(黒田浩史社長)はトータルソリューションの提供を目的に、この7月から新たに「直動ガイド」を販売している。 同社は、精密ボールねじの製造販売で半世紀強の実績を持ち、ボールねじとセットで使用する直動ガイドとして、このほど同社が得意とする中小径ボールねじの主要サイズをカバーするレール幅9、12、...

牧野フライスが新横形MC

自動車アルミダイカスト部品に特化

 牧野フライス製作所(牧野二郎社長)は、俊敏に長時間連続加工をこなす、自動車アルミダイカストの量産部品に加工対象を絞った横形マシニングセンタ(MC)「a40」の受注活動を開始した。既に実績も出ており、この7月から出荷をはじめた。 6月第4週、日米で同時に発表会を開いた。定価(税別)2490万円。アメ...

ヤマザキマザック、CO2レーザ自動化充実

段取り、調整の負担減

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、発振器出力2.5kWのCO2レーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015」を発売した。最大加工寸法は1525×3050mm。NC装置に形状簡易入力機能を搭載することで、パターン選択と数値入力から、丸・四角・長丸や多数個の穴加工といった簡単な加工プログラ...

三菱電機、ファイバーレーザー加工機拡充

現行2機種から10機種へ、来年200台生産か

 三菱電機は6月11日、この日から2日間開催した名古屋製作所でのプライベートショーで、新型ファイバーレーザー加工機を初公開した。同時に記者発表を行い、氷見徳昭・産業メカトロニクス事業部長らがファイバーレーザー加工機の事業展開について説明を行った。 新発表のファイバーレーザー加工機は、4キロワット出力...

ノーリツ、中級価格帯のブランドを刷新

グリル充実、連続使用可能に

 ノーリツ(國井総一郎社長)は、中級価格帯のガスビルトインコンロ「S-Blink revor(スタイリッシュブリンクレボア)」と「i-SELECT(アイセレクト)」を新ブランド「piatto(ピアット)」に刷新し、新商品として9月1日に発売する。希望小売価格(税別)は20万円~22万3千円。 ピアッ...

をくだ屋技研、ハイブリッドパワーリフター

エアーと油圧の両機構を搭載

 をくだ屋技研(大阪府堺市美原区丹上263、TEL.072-362-2111)は、エアーモーターと手動油圧ユニットを搭載した「ハイブリッドパワーリフター」を発売した。エアーモーターで昇降できるため、充電なしで楽に連続使用が可能。エアー源がない場所やホースが届かない場所では手動油圧ユニットで昇降でき、...

庄田鉄工、完全ダストフリー構造NCルータ

摺動部、粉塵環境外に

 木材、カーボン、プラスチック、石膏などの軽量素材を削る「NCルータ」のパイオニアメーカー、庄田鉄工(静岡県浜松市)が、機械の外のみならず、機械駆動部も「完全ダストフリー構造」にした新機種「プラネットブルー」を発売している。昨年11月東京で開催の木工加工関連展で披露して半年強、「粉塵の影響を無くす提...

積水ナノコートテクノロジー、施工しやすい「遮熱クールネット」

日射を遮り、室温上昇を抑制

 積水ナノコートテクノロジー(愛知県蒲郡市浜町36、TEL.0533-68-4666)は、遮熱効果の高い、窓・アルミサッシ貼り用ネット「遮熱クールネット」を発売した。 ナノ単位の金属膜がコーティングしてあるポリエステルのネット。金属粒子が太陽光を反射させるので、日中は外から室内が見えにくく、プライバ...

ヤマハ発動機、3Dハイブリッドマウンター開発

マウント・塗布・検査を1台で

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、三次元射出成形回路部品のマウント・塗布・検査を装置1台でこなす3Dハイブリッドマウンター「ⅰ-PULSE S20」を開発し、今年9月に市場投入する。 極小チップから大型部門まで実装できる汎用性と、2種類のヘッドで塗布と部品搭載を交互に行えるのが特徴。基板厚は0.4~...

プラスコート、電磁波環境対策に

多様な導電塗料が注目

 電子機器や無線機器の活用分野の拡大に伴い、電磁ノイズ(EMC)による誤動作等、電磁環境問題への対応が大きな課題となる中、電磁波シールドコーティングをコア技術とするプラスコート(本社・京都府久御山町)の導電塗料などのEMC対策商品が注目を集めている。 同社は、(1)電磁波シールドコーティング(導電塗...