News

安川電機、新小型ロボ

高速・高精度、可搬質量アップ

 安川電機(津田純嗣社長)は、メカ構造の刷新や、新制御方式コントローラの採用などにより「限界まで加減速時間を短縮、動作性能を格段に向上させた」という小型ロボット「MOTOMAN-GPシリーズ」を開発した。先の「国際ロボット展」で出品披露、今年6月に製品化予定という。 製品化にあたっては可搬質量で4キ...

DMG森精機、大型精密CNC旋盤を販売

航空・エネ分野の大径・長尺ワークに

 DMG森精機(森雅彦社長)は12月より、高剛性・高精度CNC旋盤NLX6000シリーズの心間2000タイプの「NLX6000―2000」の販売を始めた。 最大加工径φ920mm、最大加工長さ2000mmで、「航空機部品やエネルギー、建設機械、船舶等での大径・シャフトワーク加工に最適な大型精密CNC...

LIXIL、2時間でリフォームできる浴室窓

既存サッシの上から被せるだけ

 LIXIL(東京都千代田区霞が関3-2-5、TEL.0120-126-001)は住まいながら最短2時間で簡単に窓をリフォームできる外窓交換用リフォーム部材「リフレムII」の商品ラインナップに、新たに浴室用を追加した。外壁工事や曲げ物を使用した窓交換、内窓を付けるなど従来の浴室窓改修に比べ、工期や費...

ユキワ精工、BT40MC向け「傾斜円テーブル」

クラス最大クランプ力

 ユキワ精工(酒巻和男社長)は、BT40番マシニングセンタ(MC)への搭載を狙ったCNC傾斜円テーブル「TNT250」を開発し、傾斜円テーブルのラインアップに加えた。 機械加工工程の集約に向け、円テーブルを使用しワンチャッキングで多面加工を行うケースが金型部品、機械部品、自動車部品などの現場で増えて...

タイホーコーザイ、新製品一挙4種

床用の補修材、塗料など

 タイホーコーザイ(黒田雄彦社長)は、工場、倉庫、オフィスなどの床を対象にした床塗料、床補修材など新商品4種をラインアップし、このほど販売を開始した。プロユースケミカル事業部の戦略商品として力を入れる。床施工の工事受託も行う。 新商品は(1)コンクリート用としてコンクリートの穴埋め補修などが簡単に行...

三菱マテリアル、高送りラジアスカッタのブレーカ

難削材向け3タイプ

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は高送り加工用ラジアスカッタ「AJXシリーズ」の難削材加工用にブレーカ3タイプを追加し、12月15日に発売した。 加えたのは、発売中のシャープな切れ味をもつ「JLブレーカ」のカッタ径30㎜未満のサイズ...

大阪タイユー、ドラム缶運搬システム

防爆デジタル計量機搭載、業界で唯一の合格品

 大阪タイユー(大阪府箕面市)はドラム缶の内容物を計量しながら作業できる「ロボッターネクスト」と「ドラムダンパー」に、新光電子製防爆仕様のデジタル計量機を搭載し、好評を博している。 本質安全防爆型のデジタル計量器を装備したドラム缶運搬専用システムとしては、業界で唯一(2015年11月時点、同社調べ)...

ダイキン工業、ビル用マルチエアコン「VRV X」

省エネ性向上、ZEB実現に貢献

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)はビル用マルチエアコン「VRV X」シリーズ(22.4kW~118.0KW、全18機種)をモデルチェンジし、2016年4月20日より発売する。 低負荷時の運転効率を向上し、年間の消費電力を大幅に削減した同社ビル用マルチエアコンのハイグレードモデル。過冷却熱交換器...

オークマ、CNC旋盤に新知能化技術

ねじ加工時のビビリを抑制

 オークマ(花木義麿社長)は、1サドルCNC旋盤「SPACE TURN LB3000EXII」において心間1300仕様機(=写真)を開発した。また、ねじ加工時のビビリを抑制する新知能化技術「加工ナビT-gねじ切り」も開発。11月上旬に本社工場で開催したオークママシンフェアでは同機で長尺のねじ形状の部...

アマダマシン、4000kNのサーボプレス

ツインサーボ、多彩なモーション

 アマダマシンツール(末岡愼弘社長)は加圧能力4000キロニュートン仕様のデジタル電動サーボプレス「SWE-4025」を発売した。税別価格で1億2700万円から。 ツインサーボで駆動する。安定した動的精度が特長の高剛性ストレートサイド一体フレームのなかで、2基のサーボモーターのトルクを同期させ多彩な...