News

アマダマシン、4000kNのサーボプレス

ツインサーボ、多彩なモーション

 アマダマシンツール(末岡愼弘社長)は加圧能力4000キロニュートン仕様のデジタル電動サーボプレス「SWE-4025」を発売した。税別価格で1億2700万円から。 ツインサーボで駆動する。安定した動的精度が特長の高剛性ストレートサイド一体フレームのなかで、2基のサーボモーターのトルクを同期させ多彩な...

コロナ、エコフィールをモデルチェンジ

保証期間、5年に大幅延長

 コロナ(内田力社長)は、高効率石油給湯機「エコフィールEF・EGシリーズ」24機種をモデルチェンジし、12月下旬から順次発売する。 同時にエコフィール全シリーズについて「保証期間を通常の1年から安心の5年に延長する」と発表した。 モデルチェンジ24機種のうち、EGシリーズ6機種には節水・省エネ機能...

サンワ、つぶれたボルト直せます

世界初の先端切削工具

 頭がつぶれたボルトを素早く直す世界初の工具が一部で注目を集めている。サンワ(東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷559、TEL.042-557-7801)が今夏発売した「ボルト先端切削工具PT1816」だ。手持ちの電動ドリルに装着して用いる(回転数は600rpm以下)。工具頭を60度の角度で切削することで、...

三菱日立ツール、1千℃に耐える漆黒エンドミル

超耐熱合金の荒加工向け

 刃先温度1000℃以上にも耐えられる窒化ケイ素セラミックス製の6枚刃ラジアスエンドミル「セラミックエンドミルコーナRタイプ」を三菱日立ツールが10月21日に発売した。漆黒のエンドミルは従来の切削速度を大幅に上回る高速切削(毎分400~1000m)が可能で、超耐熱合金の高能率荒加工をターゲットとする...

三菱電機、電極消耗抑える形彫放電加工機

光沢仕上げから高速荒加工まで

 三菱電機は形彫放電加工機EA-PSシリーズの新製品として、自動車部品の金型加工に向く「EA12PS」を11月25日に発売した。世界市場向けハイグレードモデルとして同社名古屋製作所で、中国市場向けは中国の三菱電機大連機器有限公司で生産する。 搭載する電極消耗を抑える電源制御「IDPM」はこれまでのグ...

オーエスジー、超硬フラットドリル「ADF」

1本で多様な加工用途に対応

 オーエスジー(愛知県豊川市本野ヶ原3-22、TEL.0533-82-1111)は、Aブランドシリーズに超硬フラットドリル「ADF」を加えた。傾斜面や曲面への座ぐり加工、半割れ穴加工、偏心穴の矯正など、1本で多様な加工用途に対応する。転造タップ下穴加工対応サイズを標準ラインナップ。耐摩耗性と靭性が向...

三菱マテリアル、刃先交換式の難削材用ラジアスカッタ

最高クラスの振れ精度

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は刃先交換式の難削材加工用ラジアスカッタ「ARPシリーズ」(ボディ36型番、インサート36型番)を12月1日に発売した。スクリューオン式としては最高クラスの振れ精度によりチタン合金、耐熱合金、ステンレ...

安川電機、人共存形ロボ

簡単ティーチングで工程導入容易に

 安川電機(津田純嗣社長)は、安全柵無しで設置できる人共存形ロボット「MOTOMAN-HC10」を開発し、先に開催の国際ロボット展で披露した。実機の検証を進めた後、製品化予定という。価格は未定。 ロボットの安全性に関する国際規格(ISO10218-1)に準拠し、安全柵の設置を不要にした。これにより、...

沖電線、可動耐久性を大幅向上したケーブル

2割の細径・軽量化

 沖電線(神奈川県川崎市中原区下小田中2-12-8、TEL.0120-087091)は可動耐久性を大幅に向上した画像検査装置など向けインターフェースケーブル「USB3 Vision高摺動ケーブル」を12月15日に発売する。 従来品の10倍以上となる優れた可動耐久性をもつ(曲げ半径50㎜で摺動500万...