News

スーパーツール「マルチクレーン」を軽量化

一人でも持ち運びやすく

 スーパーツール(大阪府堺市中区)は、屋内外の作業現場のつり上げ作業に便利な「マルチクレーン」に軽量タイプを加えた。本体質量は45kg。つり上げ荷重を200kgに抑えることで自重を軽くし、一人でも持ち運びやすくしたのが特長だ。 車輌への荷物の積み込み、積み下ろし作業や、クレーン設備のない作業現場を想...

三菱日立ツール、4枚刃マルチフルートにインサート追加

鋼や高硬度材の仕上げに

 三菱日立ツール(東京都墨田区両国4-31-11 、TEL.03-6890-5101)は鋳物の大物プレス金型製作で好評の「アルファーボールプレシジョンマルチフルートABP4F形」(4枚刃)に鋳物、鋼、高硬度材の仕上げから中仕上げ加工に対応するインサート2材種「PN15M」「ATH80D」を追加、4月...

大東精機、門型バンドソーを開発

形鋼から特殊鋼まで受け皿広く

 大東精機(兵庫県尼崎市)は、門型フレーム設計で剛性を高めたバンドソー「YGA430」を開発した。切断能力が同社従来機比で約1.5倍向上。形鋼から特殊鋼まで幅広いユーザー層に対応する機械として、6月上旬から市場投入する予定だ。 油圧マニュアル方式の切削制御を採用した。「これまでCNCでは対応が難しか...

TONE、力が入りやすいドライバー

グリップ素材、軸先端にこだわり

 TONE(営業企画部=大阪府河内長野市寿町6-25、TEL.0721-56-1850)は、手にフィットして力が入りやすい「パワーグリップドライバー」(=写真)をリニューアル発売した。グリップは二重構造の樹脂製に変更。滑りにくく、力を伝達しやすい凹み形状に設計した。軸の先端にもこだわった。プラスドラ...

蛇の目ミシン、3・4軸仕様の直交ロボット

 蛇の目ミシン工業(眞壁八郎社長)は、需要堅調な直交ロボット市場に3軸・4軸仕様の直交ロボット「JC-3」シリーズを投入した。 4月中旬から新製品として発売、「当初から反響がある」(営業第1グループ)という。得意とする同社卓上ロボットの機能や使いやすさを、直交ロボットに最大限活用し、ティーチングの簡...

トーヨーキッチンが巨大キッチン

6.5m幅、世代超えて集う

 トーヨーキッチンスタイル(名古屋市、渡辺孝雄社長)は4月24日、最大全長が6490×1460mmのシステムキッチン「メガキッチン」を東京・南青山のショールームで報道関係者らに公開した。「世代間コミュニケーション」をテーマに開発。シンクが最大3台、加熱機器は3台まで設置でき、「2家族が同時に料理し、...

東日製作所、初のソーラー発電式無線トルクレンチ

電池交換不要に

 東日製作所(東京都大田区、辻修社長)は世界初となる二次電池を使用するソーラー発電式の無線ポカヨケトルクレンチ「QLBLシリーズ」(=写真右上)と発振機「T-BLシリーズ」(左)を4月21日に発売した。ソーラー発電により一次電池が不要になり電池交換の手間とコストが省ける。税別価格はそれぞれ5万~8万...

ハウステック、マンション・アパート用システムバス

「選べる仕様」を充実

 ハウステック(東京都板橋区板橋3-9-7、TEL.03-5248-5500)は壁柄や収納アイテムを充実させた、マンション・アパート用のシステムバスルーム「NJシリーズ」を4月1日に発売した。従来の「MSシリーズ」を約30年ぶりにフルモデルチェンジした。 「ハイスペックをコンパクトに凝縮」をコンセプ...

クリナップ、ロングセラーキッチンに「流レールシンク」

 クリナップ(東京都荒川区)は主力のシステムキッチン「クリンレディ」に清掃性の高いシンクを標準装備し、5月7日に受注を始めた。クリンレディは1983年に発売し、主婦モニター調査などを基に機能強化を図ってきた。 今回追加した5つの新機能・素材のうち、最も力を入れたのはシンク内を水が手前に流れるよう傾斜...

タクト、消しゴム感覚で焼け取り

弾力活かして凹凸残す

 タクト(三重県桑名市)のゴム砥石「セラポブロック」が好評だ。溶接の後処理に不可欠な焼け・汚れ・サビの細かい除去に使える上に、表面処理や研磨仕上げも消しゴム感覚で対応できる手軽さが受けた。 独自配合のゴム基盤に、特殊処理を施したセラミックフィラーを練り込み成型した。砥粒の含有率を50~85%に調整す...