News

三菱日立ツール、高能率の高送りラジアスミル

削り残し量低減で生産性向上

 三菱日立ツール(東京都墨田区両国4-31-11、TEL.03-6890-5102)は、大型金型の荒加工向けとして、刃先交換式の高送りラジアスミル「TD6N」形を発売した。 中大径(φ50~125)の高送り工具において、1㎜以下の削り残し量を実現。高送りインサート(最大ap=1.5mm)は2種類のブ...

大阪製罐、ダッシュボードに入る工具ケース

必要な分だけ持ち運び

 大阪製罐は薄型工具ケース「ツールキーパー」の販売を開始した。スチール製でありながら板厚を0.4ミリまで薄くすることで、耐久性を保ちつつも軽量化を図った。本体重量は610グラム。キャビネットや車のダッシュボードへの収納も可能で、工場内のメンテナンス作業のほか出張時の工具の持ち運びにも向く。 創業70...

トーヨーキッチン、アイランド収納で最短動線

LDK全体を使いやすく

 トーヨーキッチンスタイルは4月19日、大阪ショールームで新商品発表会を開催した。初披露したのは部屋の中心に置けるアイランド型収納家具「ISOLA」。キッチン、収納、ダイニングの動線に着目した商品として、LDK空間全体を考慮した使いやすさを説明した。 ISOLAは側面に家電が収納できるスライドボード...

柳瀬がバリ取りロボット

装置として提案

 柳瀬が昨年10月から力を入れて提案してきたバリ取りロボット装置「DEBURIX(デバリックス)」(=写真)の引き合いが急増しているという。先月福岡市で開かれた展示商談会「北部九州どてらい市」で展示した。当初は先端の研磨材の提案にとどまっていたが、ロボットアームを含めた装置として効率的な加工を提案す...

三菱マテリアル、高送りラジアスカッタのインサート

難削材の粗加工に最適

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は、難削材転削加工用PVDコーテッド超硬材種「MP9140」(=写真)を発売した。高送り加工用ラジアスカッタ「AJXシリーズ」の搭載インサート材種として追加し、使用領域の拡大を図る。 耐熱合金やチタン...

リンナイ、組合せられるドミノ式IHクッキングヒーター

ガラス面タッチセンサーで操作

 リンナイ(愛知県名古屋市中川区福住町2-26、TEL.052-361-8211)は上質感を追求した厨房商品のフラッグシップモデル「G:(ジー)」ラインにIHクッキングヒーター「RHKD321GM1T」を加え、4月26日に発売する。 発売する2口のIHは、鍋位置を表すポジションサインを円でなくライン...

ユーエイ、高荷重用キャスターに軽量タイプ

始動負荷が3分の1に

 ユーエイ(大阪府東大阪市本庄西1-8-39、TEL.06-6747-5619)は高荷重用キャスターPMS型に、軽さと強さを両立する「プレミアムウレタン車輪」を追加し、7月1日に発売する。 転がり抵抗の小さいウレタン素材を採用したプレミアムウレタン車輪は、始動負荷が同社製従来品と比べおよそ3分の1に...

ワルター、ボーリングに縦置き適用

車部品向け高送り提案

 ワルターは、チップを縦置きに配置した特殊ボーリング工具を開発した。「とくに高い要求を持つ自動車産業の顧客に対応する」製品として、荒加工から仕上げまで単純化し、高い送り条件で加工時間を短縮する。 ミーリング工具で採用されていた縦置きシステムを適用した。チップを径方向に配置する従来工具とは異なり「大き...

山善、10年放置しても使える手回し充電テレビ+ラジオ

コンデンサー充電池を搭載

 山善(大阪市西区立売堀2-3-16、TEL.06-6534-3095)はAV機器のオリジナルブランドQriom(キュリオム)からコンデンサー充電池を搭載した「手回し充電テレビ+ラジオYTM-RTV200」(=写真左、約300g。ブラック、ホワイト)、「手回し充電ラジオYTM-R100」(同右、約2...

シージーケー、プレスの金型不具合予測

下死点の異常変動を記録

 シージーケーは4月25日、プレスの下死点位置を計測・記録する装置「BDL−65」を発売した。レーザー光の反射を利用して測定し、しきい値を超えるとエラー検知する。弱電、自動車、医療器具分野などからの需要を見込む。 下死点の異常変動を記録することで、ハイトの変化確認、プレスや金型などの不具合の予測を可...