News

コトヒラ工業、台車キャスター洗浄装置

キャスターの汚れを素早く除去

 コトヒラ工業(長野県東御市滋野乙1320、TEL.0268-63-0120)は、台車キャスター洗浄装置を発売した。操作は台車を装置にセットするだけ。2列の洗浄筒による摩擦力がキャスターの走行面に付着した土や泥などの汚れを短時間(5~10秒)で洗い落とす。コンパクトな番重台車から大型のカゴ台車まで様...

ミツトヨ、三次元測定機の稼働を可視化

測定データ、無線収集を簡易に

 ミツトヨ(沼田恵明社長)は、JIMTOFでスマート工場実現に向けた計測のIoT化をアピールする。 同社ではCNC三次元測定機の稼働ステータスと予防保全のためのキーパーツの積算履歴等を遠隔でモニタリングできる技術を開発。それらの技術を搭載するCNC三次元測定機をSMS(Smart Measuring...

松浦機械、APC付き5軸立形MC 2機種

長時間無人化に対応

 松浦機械製作所(福井市漆原町)は10月3日および23日、このほど開発した5軸制御立形マシニングセンタ(MC)2機種を本社で報道関係者らに披露した。どちらも来月のJIMTOF出展を機に受注を始める主力機。 上位機種の「MAM72−70V」は最大ワーク径700×高さ500ミリ、許容質量500キロと従来...

オークマ、加工3割時短する横形MC

高速から重切削まで対応

 オークマは、加工サイクルタイムを約3割短縮する横形マシニングセンタ「MB−5000HⅡ」を開発した。パレットの最大積載寸法は直径800×1000ミリ(質量500キログラム)。立体式APCに対応する。標準価格は税抜3380万円。量産・中小物部品向けの機種として、年間300台の販売を目指す。 自動車産...

アンドール、ポリゴン編集ソフト新版

業種対応の5モデル

 アンドール(栗原高明社長)はポリゴンデータ編集システム「STL工房2」のバージョン3を11月1日に発売する。 コンピュータグラフィックスで立体図形を表現する際に使用するポリゴンデータ(微細な多角形状であるポリゴンを、敷き詰めて形状表現するデータ)を、最適に軽量化するための編集システム。ポリゴンデー...

リンナイ、白いガステーブルコンロ

調理・清掃性に優れた最上位品

 リンナイ(愛知県名古屋市中川区福住町2-26、TEL.052-361-8211)はインターネット販売限定の白いガステーブルコンロ「HOWARO(ホワロ)」に調理性と清掃性に優れた最上位モデル「HOWARO C Plus」を加え、10月10日に発売した。 ボディカラーにぬくもりのある白を採用。ごとく...

メトロ電気工業、電気式の本格鉄板焼き器

320℃まで温度調節できる

 五感に響き、旨さ極める-。 そう謳うのはメトロ電気工業(愛知県安城市横山町寺田11-1、TEL.0566-75-8811)の電気式本格鉄板焼き器「オレンジグリル」。電気でステーキなどがなぜそんなに美味しく焼けるのか。秘訣は独自の高出力、高効率の赤外線ランプヒーター「オレンジヒート」にある。高純度カ...

岩崎電気、クリーンルーム用非常用LED照明

国内業界初、防爆エリアをLED化

 岩崎電気(東京都中央区馬喰町1-4-16、TEL.048-554-1124)は、防爆エリアのクリーンルームで使用可能な非常用LED照明器具「LEDioc(レディオック)防爆形クリーンルーム用非常用LED照明器具」4機種を発売した。国内業界初、第一類危険箇所と第二類危険箇所のクリーンルームにおいて、...

ソディック、ナノマシニングセンタを刷新

超微細領域で無振動高速加工

 ソディック(古川健一社長)は、ナノマシニングセンタの新製品「AZ275nano」(=写真)を開発し、2019年1月に発売する。JIMTOFに出品予定。 現行機の「AZ250」をフルモデルチェンジした。新開発のNC装置「LN4AZ」ではスケールフィードバックの最小分解能を従来の3ナノから0.1ナノに...

三菱マテリアル、正面削りカッタにインサート追加

ゲート残りと仕上げ、同時加工

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は、高能率アルミニウム合金仕上げ正面削りカッタ「FMAX」にロングエッジ形インサートを追加した。「FMAX」は軽量化と高剛性を両立し、自動車部品などの加工を高効率化できる高速回転対応カッタ。今回追加し...