News

静岡鉄工所、CNCフライス盤にATC搭載

1品モノも夜間自動運転も1台で

 静岡鉄工所(野賀美作社長)は単品加工で好評のCNCフライス盤「AN―SRN」にATCユニットを搭載したスペシャルバージョンを開発。今年3月から本格発売を始め、長野市内で開催された展示商談会「東北信どてらい市」(5月26~27日)で披露した(=写真)。 金型加工ユーザーのニーズに応え、開発を進めてき...

クリナップ、中高級キッチンを刷新

新ブランド「STEDIA」

 クリナップ(竹内宏社長)は、主力の中高級価格帯システムキッチン「クリンレディ」を一新し、ステンレスキャビネットキッチン「STEDIA(ステディア)」(=写真)を9月3日から受注開始する。 商品名はSteady(不変の・堅実な)とDiamond(ダイヤモンド)を掛け合わせた造語。「システムキッチンに...

三菱マテリアル、焼結合金・鋳鉄加工用の新材種

連続も断続も幅広く加工安定化

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横綱1-6-1、TEL.03-5819-8770)は焼結合金・鋳鉄加工用CBN材種「MB4120」(=写真)を6月1日に発売した。ネガティブインサート90型番、ポジティブインサート100型番を同時発売する。 微粒cBN粒子により優れた刃先靱性を発揮し...

コロナ、図書館より静かな暖房専用ボイラー

 コロナ(小林一芳社長)は、温水暖房システムの熱源機として使用する暖房専用ボイラーのうち、灯油をガス化燃焼するタイプを従来の10機種から4機種に統合し、7月下旬より発売する。 新商品は温水配管方式を半密閉配管方式に統合し、別売部材(密閉配管セット等)を使用することで、密閉配管方式にも対応できるように...

東日製作所、トルクレンチ4シリーズを刷新

防振対応やメモリー機能搭載

 東日製作所(東京都大田区、辻修社長)は半自動トルクレンチと全自動トルクレンチ(ナットランナー)の4シリーズ・全26製品モデルチェンジし、5月21日に発売した。 トルクレンチの上に仮締め用のエアモータを搭載した半自動トルクレンチ16機種(AC3シリーズ、A3シリーズ=写真)では新たに、要望の多かった...

三菱マテリアル、多機能カッタに新アイテム

深切り込み用ボディを追加

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横綱1-6-1、TEL.03-5819-8770)は、ランピング加工をはじめとした、3次元加工に対応する多機能形ショルダカッタ「APX3000」に深切り込み用カッタボディを追加した。 深切り込み用カッタボディは、カッタボディのバックメタル量が大きく、...

DMG森精機がスラッジ回収装置

流れつくり99%回収

 DMG森精機(愛知県名古屋市、森雅彦社長)はクーラントタンク内の微細なスラッジを高効率に回収する「ゼロスラッジクーラントタンク」を開発した。クーラントタンク内に複数のノズルを配置して最適なクーラントの流れをつくりフィルターで回収する自社技術を用いた。 スラッジは通常、クーラントタンク内に堆積しほと...

日東工器、携帯式の磁気応用穴あけ機

軽量化と汎用性が大幅向上

 日東工器(東京都大田区仲池上2-9-14、TEL.03-3755-1111)は、携帯式磁気応用穴あけ機「アトラエース A-5500」を開発、6月より本格販売する。近年、工場内や橋梁・高速道路等の補修現場などで、大口径かつ深穴あけ作業の需要が高まっている。深穴対応の同製品は、最大穴径φ55mm、最大...

スイデン、大型送風機φ700に低騒音型

 スイデン(大阪市天王寺区)は、大型送風機「どでかファン」の羽根径700ミリメートルクラスに低騒音タイプを加えた。最大風量は毎分723/877立方メートル(50/60Hz)。風量を従来機と同等に維持しながら、最大で10dBの低騒音化、13.5%の省エネ化を可能にした。 風の流れをスムーズにする拡管構...

MCCコーポレーション、継手&鋼管対応トルクレンチ

最大200N・m設定できるプリセット形

 MCCコーポレーション(大阪府東大阪市本庄西2-3-46、TEL.06-6747-6921)は、配管工具シリーズから最大φ90mm対応のプリセット形トルクレンチ「TQC3-50」(=写真)を発売した。トルク範囲は80~200N・m。グリップ部分にある主目盛・副目盛りを回転させて設定する。設定値に達...