News

鈴木油脂工業、さびを皮膜に変換

再発防止処理剤開発

 鈴木油脂工業(大阪市東淀川区)は、赤さび再発防止処理剤「ストップ・ザ・サビ2」を開発した。赤さびと反応して黒色の皮膜(タンニン酸鉄鎖塩)に変換。さびの進行を防ぐと同時に、エポキシ樹脂で耐水性・耐薬品性・耐腐食性の高い塗膜を形成する。 使い方は、さびの表面に直接塗るだけ。「面倒な前処理がほとんどいら...

ダイヘン、19ミリ鋼板を1パスで

アーク溶接システム投入

 ダイヘン(大阪市淀川区)は、最大板厚19mm鋼板を1パスで溶接できる高能率アーク溶接システム「D−Arc」を発売した。多層溶接が必要とされていた建設や鉄骨などの大型構造物をはじめ、建設機械、造船からの需要を見込む。 D−Arcは、専用溶接電源、高速ワイヤ送給システム、溶接トーチなどで構成し、ロボッ...

大東精機、自動定寸による角度切断

バンドソーマシン実演強化

 大東精機(兵庫県尼崎市)は、バンドソーマシン「LTAⅡ2630」の販売を強化する。全国の商談展示会で、小型形鋼を自動定寸で角度切断する様子を実演。使い勝手の良さを見せる。 同機種は、60度までの角度切りが自在にできるのが特長。面倒な寸法合わせが不要な上、押えバイス(オプション)の使用で束ね切断を容...

鶴見製作所、吸引・吸水力で止水

工場向け連結型を追加

 鶴見製作所(大阪市鶴見区)は、簡易止水装置「おうちまもるくん」に設置可能範囲4330㍉㍍の連携タイプを加えた。豪雨対策のニーズが高まっている工場を想定して製品化し、6月から販売を開始した。 おうちまもるくんは専用ポンプ(100V)の吸引・吸水力を活かして、事務所や工場の入口に設置した発泡スチロール...

大同興業、1台3役の複合研磨機

TIG用ロッドにも対応

 大同興業(大阪市西区北堀江3-9-16、TEL.06-6531-0014)は、ドリルだけでなく、TIG溶接に使用するタングステンロッドにも対応できる複合研磨機「SHARP ONE」を発売した。先端角は、円錐型ドリル(Xシンニング)で90~140度、ローソク型ドリル(一文字)で165~180度まで設...

新コスモス電機、点検効率化する可燃性ガス探知器

アプリ連携でデータ取り込み

 新コスモス電機(大阪市淀川区三津屋中2-5-4、TEL.06-6308-2111)は、日常点検や測定の管理を効率化した可燃性ガス探知器「XP-702Ⅲai」を発売した。ガス検知器の日常点検を自動化することで、作業時間の短縮と作業者によるバラつきを低減する。専用アプリ「Xai CONNECT」と連携...

ヤマハ発動機、光学式外観検査装置

高速・高精度で全数検査能力向上

 ヤマハ発動機(柳弘之社長)はハイエンド・ハイブリッド光学式外観検査装置の超高速仕様機(YSi-V 12M TypeHS2)を8月1日に発売する。2次元検査・3次元検査・4方向斜め画像検査を1台に搭載。従来機と比較し、画像処理ハードウェアと画像検査アルゴリズムの高速化を実現した。撮像画像の3次元デー...

ジェイテクト、小型のギヤスカイビング機

5工程/5台をマシン1台に集約

 ジェイテクト(安形哲夫社長)は、得意とするスカイビング加工機の新機種として、独自の要素技術を加えて従来5工程(5台)を要したギヤ加工を一台で集約加工できる小型ギヤスカイビングセンタ「GS200H」を開発、5月中旬から販売開始した。 同社はギヤスカイビングセンタで国内実績トップ。汎用マシニングセンタ...

安川電機、超高速の新型ロボット

多用途適用 様々な分野の自動化に

 安川電機(小笠原浩社長)は、多用途適応型ロボット(GPシリーズ)の新ラインアップ機として、可搬質量25キログラムのMOTOMAN−GP25を5月29日から販売開始した。 自動車や機械関連部品の搬送から組立・シーリング、ロードアンロード、研磨、アーク溶接など様々な分野の自動化に活用できる。同時に新制...

ジェイテクト、小型のギヤスカイビング機

5工程/5台をマシン1台に集約

 ジェイテクト(安形哲夫社長)は、得意とするスカイビング加工機の新機種として、独自の要素技術を加えて従来5工程(5台)を要したギヤ加工を一台で集約加工できる小型ギヤスカイビングセンタ「GS200H」を開発、5月中旬から販売開始した。 同社はギヤスカイビングセンタで国内実績トップ。汎用マシニングセンタ...