News

永大産業、セーターが楽に洗える洗面化粧台

普及クラスで最大級17Lボウル

 永大産業(大阪市住之江区平林南2-10-60、TEL.0120-685-110)は普及価格帯クラスで最大級の人工大理石ボウル(容量17リットル)を採用した洗面化粧台「アクアージュF」を4月10日に発売する。セーターなどかさばる衣類を楽に洗える。 節水型の水栓金具やヒーターなしでも曇らないミラーを標...

京セラ・大阪ガス、燃料電池の稼働率高める蓄電システム

3電池連携で一次エネを約62%減

 大阪ガス(本荘武宏社長)と京セラ(谷本秀夫社長)は、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、家庭用燃料電池「エネファームtypeS」で発電した電力を充電できる小型・軽量の3・2kWh蓄電システム「スマートエネルギーハウス蓄電システム(SEH蓄電システム)」を共同で開発し、4月に発...

ケルヒャー、コードレス最小のクリーナー

小規模施設向け

 ケルヒャージャパン(佐藤八郎社長)は、業務用手押し式床洗浄機に、ディスクタイプのコードレス・最小モデル(BD30/4CBp)を新たにラインアップし、4月17日に発売する。 バッテリーを含め質量20キログラムと軽量・コンパクトで、狭い場所でも手軽に使用でき、保管場所も取らない。 リチウムイオン電池で...

澁谷工業、薄板・薄膜用レーザ小型機

蒸散加工で熱影響少なく

 澁谷工業(石川県金沢市)は、高分子フィルムの高速・高精度切断や薄膜素材の切断・彫り込みが可能なレーザアブレーション加工機を開発した。加工範囲は400×400mm。本体価格を6750万円に設定し、自動車、半導体部品、情報家電の分野を中心に初年度10台の販売を目指す。 レーザアブレーションは、パルスレ...

スイデン、工場扇のスポットをブラックに

創業70周年記念モデル

 スイデン(大阪市天王寺区)は、創業70周年プロジェクトの一環として、スポットエアコンなどの売れ筋製品5機種をブラックにカラーリングした記念モデルを発表した。工場扇、遠赤外線ヒーター(今秋発売予定)、送排風機、フレキシブルダクトは、数量限定品として発売した。 色の選定理由について、営業推進部の担当者...

日東工器が電動式アングル穴バリ取り機

鉄骨の丸穴バリ、安全・確実除去

 日東工器(小武尚之社長)は、鉄骨の穴あけ加工後に不可欠なバリ取りに特化した電動式アングル穴バリ取り機「電動バリカッターERB―30」を開発、4月3日に発売した。開発の背景について同社は「建築部材や橋梁用部材に用いられるH形鋼にボルト締結用の穴をあけた場合、バリを除去する必要があるが、ショットブラス...

大有、新たにユニット販売

袋体ブレーカー、低コストで提供

 荷役運搬機器等の分野で同業メーカーとのコラボ販売を日常的に行うなどユニークな事業を展開する大有(田中良和社長)が、新たに自社「袋体ブレーカー」のユニット販売をスタートした。 船便で輸入することの多い粉体原料は、フレキシブルコンテナ(フレコン=大型の袋)や袋体のなかでガチガチに固まり、スムーズに出せ...

タカラスタンダード、「家事らくシンク」が中級商品にも

アクリル人大、普及価格帯に拡大

 タカラスタンダード(渡辺岳夫社長)がホーローシステムキッチンと周辺機器のリニューアルを進めている。まず、最上級シリーズの「レミュー」で好評の「家事らくシンク」を、中級価格帯の「エマージュ」「リテラ」(I型間口255cm、家事らくシンクセットの税抜価格60万6500円~)にも拡大した。 家事らくシン...

ダイキン工業、電気×ガスのハイブリッド空調

配管系統同一化、遠隔で最適制御も

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は、ガスが動力源の空調機(GHP)と電気が動力源の空調機(EHP)を組み合わせたハイブリッド空調システム「スマートマルチ」を、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、アイシン精機と共同で開発し、10月1日に発売する。室外ユニット価格(税別)は689万円。 従来は別々だった...

シージーケー、新タイプのドリル研磨機

円錐研削でビビリ抑えた刃先形状に

 卓上ドリル研削機のパイオニア的存在であるシージーケー(広島市東区、下河内一成社長)は、「従来品に変わる新しいタイプ」という新型ドリル研磨機「DL-7」を開発、この4月17日に発売する。 研削範囲φ3~13。昨秋、東京ビッグサイトで開催されたJIMTOF2016で参考出品したところ「予想以上の反響が...