オヤジの喜怒哀愁

2020年5月25日号

町内会の出来事

 今年度、我が家は町内会第13班の班長に就任した。「長」がつく役職にありがちなことではあるけれど、要は雑用係でできれば免れたいと考える人が多く、まったく油断していたのが3軒飛ばしの荒技でお鉢が回ってきた。班長をしていると些細なことではあるが町内のいろいろなことが見えてくる。
 メー...

2020年5月15日号

新しい日常

 新型コロナウイルスCOVID-19感染症のパンデミックで売れたものといえば、マスク、アルコール消毒液、使い捨て手袋、防護服、RNA抽出キット、それにZoom。
 大型連休中にバンド仲間からZoomでセッションをやろうと連絡があった。高校時代にバンドを組んでいた連中と数年前から年に...

2020年4月25日号

感染者数

(この記事はフィクションです) 
 皮膚感染症の世界的権威である岩手県の大谷翔平メモリアル大学は、2022年に世界的に流行した疥癬(かいせん)感染者数の数字を大幅に訂正すると発表した。
 疥癬はダニの寄生による皮膚感染症で皮膚疾患のなかで最も痒いとされる。今回の大流行の...

2020年4月10日号

世界一安全なオリンピック

(この記事はフィクションです)
 2039年の第36回オリンピック(20年の東京五輪延期以降、五輪の毎閏年開催原則は崩れている)はバヌアツ共和国の首都ポートビラで行われることになった。世界の有力候補地を退けてバヌアツが五輪開催地を射止めたのは、パンデミックを警戒するWHO(世界保健...

2020年3月25日号

紙マネー

(この記事はフィクションです)
 NY株式が歴史的な乱高下に見舞われている。各国が協調利下げに踏み切った直後の週明けには過去最大の下落幅を記録、マーケットから強気の声は消えた。主要産油国の増産が伝えられたことも手伝って原油価格が大幅に下げ、為替市場も不安定な動きを続けている。金融市...

2020年3月10日号

酒蔵巡礼

 自宅から車で1時間あまり山道を行ったところに名水で知られる古い城下町がある。半島の中央に位置する丘陵地帯は地下水豊富で、自噴井戸が点在する。古くからこの名水を利用して酒造りが盛んである。手打ち蕎麦や近年では古民家カフェのコーヒーも評判だ。水がうまけりゃなんでもうまい道理なのだ。
...

2020年2月25日号

梅先生

 ここ数年、梅の実の成りがよくないと知人に愚痴ると梅の先生を紹介してくれた。先生は長く農業試験場に勤めた人で御年90歳になる。先生の梅畑は以前は田んぼだったところで、一反ほどの土地に約50本の梅の木があった。どの木も低くきれいに剪定が施され、あたりには無数の枝が整然と置かれている。12月、1月...

2020年2月10日号

寒仕込み味噌

 暖冬で今年は春の訪れが早いようだが、いまは1年を通して一番寒い時で、酒、味噌などの発酵食品はいまからが仕込み本番だ。
 近所に地元の人なら誰でも利用できる立派な食品加工施設があって、そこで我が家の自家製味噌を作っている。こうじをつくるための発酵機など味噌づくりの設備が整っている。...

2020年1月25日号

森の音

 前回の真空管アンプの話の続きになるけれど、いまオーディオの世界ではレコードや真空管アンプ、カセットデッキといったアナログ製品の人気が復活して話題を呼んでいる。先日、家電量販店に行ったら一時はまったく姿を消していたレコード・プレーヤーが3、4台置いてあって、なるほど売れているのだなと思った。 ...

2020年1月1日号

真空管アンプ

 5年ほど前に知人が不要になったからといってスピーカーを譲ってくれた。調べてみると1973年に作られた伝説的名器である。いい音がするはずだ。ところが、である。いろいろと調整してもシャカシャカと硬い音がしていい音がしない。
 一緒に使っていたアンプは1986年製のトランジスタのアンプ...