オヤジの喜怒哀愁

2016年3月10日号

退場有料

 携帯電話会社のショップに行くのはなかなか大変なことである。できるだけ避けたいと思っているが、どうしても行かなければならない時がある。避けたい理由の一つは時間がかかるということ。
 平日の昼間にショップの前を通りかかると意外に空いていることもある。だが、何せ手続き終了までどれくらい時...

2016年2月25日号

ラーメン激戦区

 おいしいラーメンが食べたい季節だ。お気に入りのラーメン店のひとつやふたつなくてオヤジと言えるだろうか。否。清く正しいオヤジならずとも我々日本人はラーメンが好きなのである。
 ただし、必ずしもイチオシ、ニオシのラーメン店でなくともラーメンは食べたくなるものだ。飲み過ぎた後などはとにか...

2016年2月10日号

悲劇を愛する心

 「一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ」というのは、以前から名言だなぁ、シニカルだなぁと思っていたけれど最近、これはチャップリンの言葉だと知った。そう言えば「独裁者」なんて映画もあったっけ。改めて喜劇王チャップリンの言葉の偉大さを噛みしめている。
 ずいぶん昔に人生の大先輩...

2016年1月25日号

パズルと積み木

 大学や高校の入試シーズンを迎えている。
 試験というと、とにかく暗記である。近年は小論文形式が増えているとはいえ、それは一部の話で、覚えること、記憶すること即ち勉強と言っても言い過ぎではないだろう。受験生たちは直前の追い込みであれ、一夜漬けであれ、できるだけ多くのことを頭に叩き込ん...

2016年1月1日号

虹をくぐる

 朝、車で娘を学校に送っていく時だった。天気予報で傘マークはついていなかったのに朝になって急に雨が降り出した。雲間からは太陽の光がのぞく天気雨である。駐車場から海沿いの道に出て空が開けると、後ろに乗っていた娘が「うわっ、虹だ、すごーい」と叫んだ。
 思わず車を止めて久しぶりの虹に見と...

2015年12月10日号

偉大な記録

 何年か前に、老人のグループホームで働いた時のことである。そこは小さな施設で、10人ほどのお年寄りがステイし、5、6人が通所のデイサービスを利用していた。自力でできるうちはなるべくなんでも自力でしてもらうというのが施設の方針で、なかでもトイレ介助をとても重視していた。おむつをしてしまえば、たと...

2015年11月25日号

オーディオの原点

 オルゴールというのはオルガンに由来する言葉なのだが、英語圏ではミュージック・ボックスと呼ばれるのがふつうなのでオルゴールといってもなかなか通じない、と先日訪れたオルゴール博物館で聞いた。さらに意外だったのは、オルゴールがオーディオの原点だったというその歴史である。
 オルゴールが生...

2015年11月10日号

猫の逆襲

 派閥勢力図に歴史的転換点が近づいているという。政界の話ではない。ペットの世界の話だ。
 ペットフード協会というところが毎年全国調査しているアンケートで、ペットとして飼われている犬と猫の飼育数が近年、急接近している。最新の2014年10月時点の調査結果では、犬が1035万匹、猫が99...

2015年10月25日号

完璧な日

 知人とコーヒーを飲みながら話していた。彼は自分よりひとまわり以上も若い。
 「いつでしたっけ、天気のいい日がありましたよね」という。
 このごろは昨日の昼飯がなんだったか、うまく思い出せないようなときもあるので、そういえばそんな日があったかなぁ、とはじめはピンとこなかった...

2015年10月10日号

ラグビーW杯

 若い頃に比べると、感動することが少なくなった。歳をとって涙腺は緩み不意に落涙する機会は増えたような気がするが、からだごと心の底から揺り動かされることが少なくなった。目にするもの、耳にするもの、何か思惑や利害が絡んだ筋書き、予定調和が透けて見えることが多すぎるせいかも知れない。
 と...