日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

コラム

連載 けんかっ早いけど人が好き

けんかっ早いけど人が好き Vol.8

甘い朝ごはんが好きだ。

識者の目

真潮流~31

早、半年前になるが、コロナ禍で3月2日から4日にかけてGrinding Technology Japan 2021(研削加工技術と工具製造技術展)が幕張メッセにて開催された。

Voice

時代はカーボンニュートラルへ

―脱炭素が俄かに注目を集めています。環境に優しいナビパレットを主力とされていますが、潮流の変化を肌で感じられるのでは。

Opinion

いま求められる物流改善

2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要でインターネット通販市場が拡大し、宅配便の取扱個数は前年度比11.9%も増加し、48億3647万個となった。

Opinion

中国の義務教育改革が教育産業に与える波紋

「中国、学習塾を規制」「学習塾を非営利に」。これは7月下旬、中国共産党・政府が打ち出した義務教育に関する新たな方針に対し、日本のマスコミ各紙が報じた記事の見出しである。

Opinion

米中対立の行方と日本の外交

冷戦終結からわずか30年しか経っていないのに、米中の「新冷戦」が始まろうとしている。目下の米中対立が「新冷戦」ではないとの指摘も少なくないが、両者による覇権争いの基本的構図を考察すれば、明らかに「新冷戦」の入り口に差し掛かっている。

連載 けんかっ早いけど人が好き

けんかっ早いけど人が好き Vol.7

私はおせっかいである。もっとも私の仕事は、野次馬根性と、それをまわりに伝えたくなるおせっかい心があってこそ成り立つので、おせっかい万歳という感じである。

識者の目

新潮流~30

最新のIoT対応の工作機械には各種センサが組込まれ、これらセンサ信号を高度なCNC装置に取り込み、デジタル処理を行なうことにより工作機械の見える化が進められている。

連載 扉の先〜自動化時代の挑戦者たち

扉の先54/3社協業で検証センター開設

近年、産業用ロボットや5G、AIの検証施設が相次いでオープンし、失敗のない工場自動化のための環境が整いつつある。

連載 けんかっ早いけど人が好き

けんかっ早いけど人が好き Vol.6

暑い。言ってもどうにもならないとわかっていても暑い暑いと声が出る。暑いときには、冷たいものが欲しくなる。アイスだ。以前、「ガリガリ君」の赤城乳業に取材したときに聞いたのだが、暑くなればなるほど氷菓であるガリガリ君は売れるそうだ。一方、気温が...