日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ゼネテック、シミュレーションソフト「FlexSim」

(株)ゼネテック

「白い恋人」石屋製菓が導入

 ゼネテック(上野憲二社長)は、同社の取り扱う3Dシミュレーションソフト「FlexSim」が、「白い恋人」など のブランドで知られる石屋製菓(石水創社長)に導入されたことを明らかにした。
 「白い恋人」を製造する石屋製菓の北広島工場ではソフトを活用し、製造現場のヒトとモノの流れをデジタル上で構築。新規設備投資のシミュレーションや、生産効率を高めるためにスタッフの検品などの作業における教育ツールに生かす取り組みを始めた。
 石屋製菓では400種類以上もの製品を製造しており、食品安全マネジメントシステムの国際規格である「FSSC22000」の認証を全工場で取得するなど、常に安心・安全の取り組みを追求している。その一方で、製造工場の現場では、人材の多様化・流動化が進み、熟練者とその他スタッフの業務品質や生産性の差を少なくする「業務の平準化」が 大きな課題となっていた。
 そこで各製造ラインや人の動線を見える化し、最適な動きと現実の動きを比較する可視化ツールとして「FlexSim」を導入。最適なパレタイザーの導入台数・スペックを事前算出し購入する新規設備投資シミュレーションや、目標生産個数から必要な生産効率を割り出し、人の動きに落とし込み社内共有する原価計算・現場教育ツールとしても活用している。
 「製造現場の課題として、経験や年齢に関わらず『どこでも・ 誰でも』同じように業務が行える必要がある。国内・海外の3Dシミュレーションソフトを検討したが、『FlexSim』は簡易なユーザインタフェースで最も使いやすかった。将来的には量産品に加え、少量多品種の手作りのお菓子など、400品目すべての自社製品の生産業務を標準化し、生産効率を高めると同時に、安心・安全 の取り組みをさらに進めたい」(石屋製菓製造部・小針学課長)

2021910日号掲載)