日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ABB、0.29秒サイクルの高速スカラロボット

 ABBは高スピード化と軽量化を図ったスカラロボット「IRB 920T」(最大可搬重量6キログラム、リーチは450550650㍉の3種類)の発売によりラインナップを拡大する。IRB 920Tはエレクトロニクス業界の複雑化する製造工程における高速生産の要求に応えて設計した。サイクルタイムは0.29秒と現行品より最大14%高速化。組立、ピッキング、ハンドリングの作業に向くという。
 重量は24㌔グラムで同クラスのスカラロボットに比べて10%軽量化した。ロボットを支えるための余分な材料が不要になるため、セルの設計コストを削減できる。ケーブル干渉を除去するために、すべてのケーブルを内部で配線した。

20211010日号掲載)