日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

牧野フライス精機、CNC工具研削盤リニューアル

牧野フライス精機(株)

ワーク・砥石交換装置改良、生産性向上

 牧野フライス精機(清水大介社長)は、高精密CNC工具研削盤「AGE30」のビッグマイナーチェンジモデル「AGE30FX」を発売した。
 AGE30の重研削能力と安定性はそのままに、自動ワーク交換装置と砥石交換装置に大幅な改良を加え、生産性を向上させた。
 新型自動ワーク交換装置「LVBローダ」は、交換動作や設計を全面的に見直し、ワーク交換時間を50%削減した。使用するパレットは軽量かつ自動ティーチング機能対応の「Type D」パレットを採用。ワーク最大収納本数がφ3ミリメートルで123本から780本に増え、より長時間の連続運転が可能になった。
 パレットは引き出し式を採用することで、パレット交換作業を容易にし、オペレータの負担を軽減した。ローダ用操作盤は、操作性が良く軽量なハンディタッチパネルを初採用した。
 新型砥石・研削液ノズル交換装置「AWC8」は砥石収納本数を既存の6本から8本へ増量し、様々な加工に柔軟に対応できる仕様とした。交換時間も設計を全面改良し、従来機より30%短縮した。ワークをクランプする工作主軸は最大回転速度を400毎分から1500毎分に変更し、ドレスの効率化、円筒研削にも対応する。
 「当社初めての全自動機であったAGE30の発売から約10年が経過し、その間に内蔵型の自動化装置(ローダや砥石交換装置)に対する様々なノウハウが蓄積され、自動化に対する技術力も大幅に向上した。AGE30FXにはその技術が反映されている。お客様のアフターコロナにおける上昇局面に寄与できればと考え、このタイミングでのリリースとなった」(同社)。
 最大工具径25ミリメートル、最大工具長 300㍉メートルで、砥石軸端形はHSK―A50、砥石軸出力 22.0キロワット。砥石軸回転速度は毎分500~8000回転。

2021625日号掲載