日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

エンシュウ、MC内ワーク搬送を提案

教示不要、省スペース

 エンシュウは1118~19日に静岡県内で開催された「THE解決展in富士」において、5軸マシニングセンタ「WE30Ve」にワークの自動搬送装置「ELoader」を組み合わせた自動化システムを出展。注目を集めた。
 「E―Loader」は「 WE30Ve」のオプションとなる自動搬送装置。 マシニングセンタにおけるワークの投入・移動・取り出しを自動化する。特別なインテグレーションを必要とせず、マシニングセンタからの操作でワークの搬送を可能にしている。
 「従来のワーク自動搬送は、複雑なティーチングや特別なプログラミングが必要だったが、マシニングセンタ側から操作できるので、普段マシニングセンタを使っているオペレータの方ならすぐに搬送セッティングができる。またガントリーローダーやロボットなどの付帯装置がなく、省スペースでの設置が可能」(同社)
 ユーザーニーズに応じたカスタマイズにも対応する。 

2021110日号掲載)