日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

ABB、ブラジル製菓工場の自動化事例

パレット積み付けの生産性を53%向上

 ABBは、パレタイジングロボットソリューションにより、ブラジル・ネスレのチョコレート製造工場のパレット積み付けの生産性を53%向上させた。
 同工場ではすでにABBロボティクスのパレタイジングロボットを導入済みだったが、「ほかの施設でも容易に展開できる、よりコンパクトなセルを設計してほしい」と要望があったという。
 今回、ABBとネスレは吸着グリッパヘッドを備えた「ABB IRB 660」ロボットを搭載したコンパクトなロボットパレタイジングセルを共同開発した。ロボットが製造ラインの端からパレットに箱を正確に積み付け、バランスの取れた荷重を確保する。ロボットの速度、動作、位置を制限する「SafeMove技術」により、ロボットと作業者の協働作業が可能という。
 「安全柵の代わりにSafeMoveを採用した結果、ネスレの他工場にある従来のセルと比較して、設置面積が約3040%縮小できた。設置前の実証にはシミュレーションソフトウェア『RobotStudio』を使用したことで、実装時間の短縮と立ち上げプロセスでの障害の発生が回避できた」(ABB
 現在ブラジルのネスレの3カ所の工場に設置され、13基のパレタイジングセルが既に稼働中という。

2021410日号掲載)