日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

キャプテンインダストリーズ、世界最小赤外線プローブ

小型MCに搭載可能

 キャプテンインダストリーズは小型工作機械に最適な、外径25ミリ、長さ42ミリの超コンパクトな赤外線プローブHexagonIRP4050」の販売を開始した。
 小型工作機械で使用されるHSK25Eサイズにフィットするため、従来のプローブのように機械と干渉せずに運用が可能。十分なスペースを確保できることから、衝突の危険なく、Z軸上の計測ができる。0.7Nとプロービング力も小さく、小型で壊れやすい部品の計測にも適している。
 「ワークゼロポイントの決定やワークポジションの決定、ワーク寸法の測定管理などに最適。バッテリーは400時間の長寿命で、交換も工具不要で簡単に行える。このサイズの赤外線プローブでは世界最小ながら、最高クラスの精度が出せる」(同社)。
 信頼性の高い双方向HDR(高データ速度)赤外線伝送を採用しており、各種計測工程の自動化に寄与する。

2021210日号掲載)