日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

村田機械、正面型ターニングにY軸

6、8インチクラスで初

 村田機械は、Y軸機能を搭載した正面型CNCターニングセンタ「MWR120」を開発した。タレットは10ステーション×2。加工軸仕様はX190×Z200×Y±60ミリに設計した。6インチ・8インチクラスの正面型CNCターニングセンタにY軸機能を搭載するのは「業界初」という。101日から受注活動を開始する。
 ベースとなった平行2軸型CNC旋盤「MWシリーズ」は、平行に配置された同一能力の2主軸2タレットを搭載した正面型旋盤。素材の搬入から加工品の搬出までを自動化するガントリーローダを搭載した主力シリーズで、国内外に数多くの実績がある。
 新機種は、回転工具に加え、「業界初」となるY軸を搭載した。複雑形状のワーク加工が可能になったうえ、MWシリーズの豊富な自動化ラインのノウハウを合わせて、工程集約と自動化を同時に実現する。標準価格は税込2150万円。月6台の販売を見込んでいる。

2021925日号掲載)