日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

コロナ、いますぐ使える冷房機器

(株)コロナ

残暑・熱中症対策

 コロナ(小林一芳社長)は、賃貸住宅など エアコンの取り付けに制約がある部屋、今までエアコンのなかった部屋にウインドエアコン(窓用エアコン)と「どこでもクーラー」(冷風・衣類乾燥除湿機)を提案している。
 厳しい残暑が続いているが、東京消防庁の発表によると、令和元年6~9月の間に熱中症で救急搬送された人の約4割が、自宅で熱中症を発症しているという。もはやクーラーは熱中症対策に無くてはならないものとなりつつあるが、設置場所に制限があるのも事実。しかし、窓枠に簡単に取り付け可能な「ウインドエアコン」は室外機がなく、壁に穴を開ける必要がない。また、「どこでもクーラー」は、キャスター付きでラクに移動ができ脱衣所やエアコンのない場所などで「ちょっと涼みたい」ときに適している。
 同社は「いずれも買ったその日からすぐに使える冷房機器として、この夏も好調なセールスを記録している」という。

2020825日号掲載)