日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

松浦機械製作所、省スペース&幅広ワーク対応の5軸立形MC

(株)松浦機械製作所

フロアパレットシステム標準搭載

 松浦機械製作所は1013日、5軸制御立形マシニングセンタ「MX-420 PC10」を発売した。5軸加工入門機としてシリーズ累計1603台(20219月末時点)の実績を持つ「MXシリーズ」の最新機種として投入。長時間無人運転・変種変量生産に対応するフロアパレットシステム「PC10」を標準搭載している。
 最大ワーク寸法はD420ミリ×H300ミリと、従来機種(MX-330 PC10)のD330×H300㍉と比べ径方向に90ミリ拡大。幅広いワークに対応できるようになった一方、フロアスペースは従来機種(MX330 PC10)と比べ全幅+483ミリ、全長+371㍉とコンパクトにまとめた。
 「初めてでも安心・簡単5軸」というMXシリーズのコンセプトを継承しつつ、稼働状況をNC画面で見える化した「稼働情報監視機能」に標準対応。工作機械向け通信プロトコル「MTConnect」を使って上位システムへ出力する機能をオプションで用意している。標準価格は3450万円(税別)。

20211025日号掲載)