日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

三協立山、乾式工法壁拡充

アルミ壁材のタイプも

 三協立山は、ファサードエクステリア「みられ」のバリエーションを拡充する。湿式工法壁の質感と高級感をリアルに再現した乾式工法壁として、今回裏面にアルミ壁材を組み合わせた「シングルタイプ」、高さ2200㍉サイズを追加した。
 裏面意匠を求めない施工プランやハイクローズスタイルのコーディネートなど、設置場所や好みに合わせて選べるようにした。表(外観)、裏(内観)ともに壁材を使用。両面同意匠による高級感を演出する従来品の「ダブルタイプ」に加えて、価格を抑えたシングルタイプを追加した。
 建物の壁面に隣接して設置する場合にも最適という。アルミ壁材は、サンシルバー、アーバングレー、ブラックから選べる。
 門袖壁タイプと目隠し壁タイプに、高さ2200㍉サイズを新たに用意した。高尺の門扉や門柱と併せて設置することで、ハイクローズスタイルの外構をコーディネートできる。参考価格は、門袖壁タイプ(幅1000×高さ1600㍉)のシングルで239千円、ダブルで339千円に設定した。

2021910日号掲載)