日本物流新聞生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、
半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトです。
サイト独自の情報を増やしています。

検索

News

佐竹化学機械工業、高精度湿式分級機に卓上ラボ機

サブミクロンの粒子を精密分級

 佐竹化学機械工業(埼玉県戸田市新曽66TEL.048-433-8711)は、高精度湿式分級機「アイクラシファイア」において卓上サイズのラボ機(=本体写真)を発売した。アイクラシファイアは、スラリー中の微粒子の粒度分布を、任意に調整できる装置。分級ローターの遠心力を利用して微粒成分や粗粒成分を除去して粒子径を制御できるほか、分級時の回収速度・回収率の推定なども行える。
 新製品のラボ機は幅200×奥行300×高さ400mmのコンパクトサイズで持ち運びやすく、新素材開発や新規プロセス開発に最適。ドラフトチャンバー内にも設置できる。分級粒子径は0.510μm(粒子密度による)で、最大処理量は毎時5リットル。ラボ機で固めた仕様をアイクラシファイア標準機向けにスケールアップすることも可能。サタケ独自のスケールアップ技術で量産用の条件出しをサポートできる。

(2021年2月10日号掲載)